広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,957件掲載中! (2022年10月07日現在)

抗うつ薬を飲み続けたら危険?2か月飲んでいますが大丈夫ですか?

2022/08/08

「抗うつ薬を飲み続けたら危険って周りから言われたけど本当?」「2か月以上も抗うつ薬を飲んでいるけど大丈夫なの?」

医師や薬剤師からは説明がなくても、家族や友人などから「抗うつ薬はよくない」と言われると不安になってしまいますよね。飲むのを止めようかなと思ってしまう方もいるでしょう。

今回は抗うつ薬が本当に危険なのか、うつ病はそもそもどのようにして治療していくのかなどを解説します。

【結論】抗うつ薬を2か月程度飲み続けることは珍しくない

薬を何か月も飲み続けていると、「こんなに飲み続けて大丈夫?」と不安になりますよね。頭痛薬や風邪薬のように身近な薬は数日しか飲まないことが多いため、長期的に薬を飲むことに抵抗があるのは仕方のないことです。

しかし、うつ病の場合、抗うつ薬を2か月以上飲み続けるケースというのは、決して珍しいものではありません。なぜならうつ病は、適切な治療を行っても回復するまでに半年から1年ほどかかるためです。

治療を始めて2か月程度なら、まだ自分に合う薬を探している段階の方も少なくありません。うつ状態が続くのはつらいと思いますが、うつ病はゆっくりと確実に治療を進めていくものです。

抗うつ薬は危険なものなの?

なぜ「抗うつ薬を飲み続けると危険」と言われる方がいるのかを調べてみました。すると、一般に次のような理由からそう言われることがあるようです。

  • 副作用があるから
  • 1回飲むと服用を止められなくなるから
  • 飲んでも効かないから
  • 薬漬けにされるから

たしかに、抗うつ薬には副作用があります。しかし、副作用がある薬は抗うつ薬だけではありません。何気なく飲むことの多い整腸剤や胃薬にも何かしらの副作用はあります。

服用を止められなくなるというのは、嘘でもあり本当でもあるでしょう。薬を飲む行為そのものに安心感を抱いている場合、効いているのか効いていないかにかかわらず飲まないと不安になってしまうことがあります。

飲んでも効かないというのは、まだ自分に合う薬を見つけられていないのでしょう。抗うつ薬に限らず、合う薬を見つけるのには時間がかかる場合があります。

薬漬けにされるというのは、基本的にありません。ただし、薬がどれくらい効いているかによって治療薬を変更したり追加したりすることはあります。

なんとなく抗うつ薬に特別なイメージをもっている方が多いため、危険と思われている方もいるかと思いますが、抗うつ薬が特別に危険な薬ということは決してありません。

うつ病治療の基本的スケジュール

そもそもうつ病は、どのようなスケジュールで治療が進められていくのでしょうか。ここでは一般的な流れについて紹介します。

急性期治療

うつ病だと診断された場合にまず行うのが急性期治療です。薬を少量から始め、少しずつ増やしながら効果を判定していきます。6~12週間ほどかけてうつ病の症状をコントロールし、うつ病の症状が出ない状態を目指す時期です。

継続療法

うつ病の症状が薬でうまくコントロールできるようになったら、継続療法に移ります。一定量の服用を16~20週ほど続け、うつ病の症状が出ないか様子を見ていきましょう。

維持療法

服用によってうつ病の症状が出なくなったようであれば、維持療法に移ります。徐々に服用している薬の量を減らし、薬がなくても症状が出ないようにしていくのです。様子を見ながら徐々に徐々に薬を減らしていくため、維持療法は1~2年、人によってはそれ以上かかることもあります。

うつ病の治療方法

そもそも、うつ病とはどのような方法で治療していくものなのでしょうか。「日本うつ病学会治療ガイドライン」を参考に、軽症うつ病の治療をご紹介します。

参考

薬物療法

  • 抗うつ薬で過去に効果が認められた方
  • うつ病を患っている期間が長い方
  • 睡眠や食欲に影響が出ている方
  • 患者さんが抗うつ薬の服用を希望している

このような場合は、薬物療法が選択肢となります。うつ病だからといって、必ず抗うつ薬を服用しないといけないわけではないのです。また、抗うつ薬のほかに漢方薬を使って様子を見ていくこともよくあります。

非薬物療法

抗うつ薬を使わない精神療法や運動療法などが行われることもあります。ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動は、うつ症状を軽減させることが可能です。体や心をしっかりと休ませながら、軽い運動を行ってみるとよいでしょう。

うつ病の治療に関するQ&A

うつ病は100人のうち約6人が生涯にかかる病気です。決して珍しい病気ではありませんが、なかなか周りの人にうつ病のことについて相談できる環境が整っていないことも多いですよね。そこで、うつ病の治療に関してよく聞かれる4つの項目にここではお答えしていきます。

参考

薬を飲み始めてもよくならないけど、飲み続けるべき?

「よくならない」という期間がどれくらいなのかにもよりますが、基本的に抗うつ薬は効果が出るまでに時間がかかるものです。飲み始めてから2~4週間程度は効果を感じられないことがあります。

最初の2~4週間は効果が出るまでの準備期間ですので、体に合わない様子がなければ飲み続けてみましょう。4週間以上たっても変化が見られない場合は、薬があっていない可能性があるので医師に相談してください。

薬が増えているのは病気が悪くなっているから?

薬が増えるのは、病気が悪くなっているせいではありません。抗うつ薬は通常、少量から飲み始め、効果や副作用を見ながら量を増やしていくものです。少しずつ量が増えていくのは、治療がしっかり進められている証拠だとも言えます。

抗うつ薬は依存性があるって本当?

抗うつ薬に依存性はほとんどありません。ただし、抗うつ薬と併用されることのあるベンゾジアゼピン系の薬には依存性があることが知られています。ベンゾジアゼピン系の薬は抗うつ薬の効果が出始めるまでに併用で出されたり、うつ症状がつらいときの頓服として出されたりするものです。漫然と使用すると依存することがあるため、医師の指示に従って服用するようにしてください。

周りから抗うつ薬は危ないと言われたので飲むのを止めていいですか?

「危ないから止めた方がいい」という方の多くは、「止めたときの危険性」や「飲まないことのデメリット」についてはとくに考えもせず発言していることがほとんどです。

危ないと言われる根拠についても乏しいため、周りの発現を気にする必要はありません。むしろ自己判断で服用を中止することで、不安感や焦燥感が増したり、頭痛や悪心が起きたりすることがあります。

市販薬で抗うつ薬は購入できる?

「抗うつ薬」というジャンルの薬は、市販では扱いがありません。しかし、うつ病による一部の症状をやわらげるものでしたら取り扱いがあります。

睡眠改善薬

ドリエルやリポスミンなどは、一時的な不眠症状をやわらげることが可能です。処方箋が必要な睡眠薬とは違い、不眠症には使用できません。寝付きが悪い、寝ても途中で起きてしまうなどの症状が長く続いている場合は市販の睡眠改善薬では対処できないため、早めに受診しましょう。

漢方薬

のどのつっかえ感がある方には半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、体力が低下し意欲がわかない方には補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)などが用いられます。

治療に関して不安なことがあったら主治医に相談しよう

「うつ病かも」と思って医療機関を受診しても、実はうつ病以外の病気と診断されることが少なくありません。一時的な症状であれば受診するまでのつなぎとして市販薬を使うのもありですが、正しい診断をしてもらい適切な治療を行うためにも、気になる症状があるときは早めに受診するようにしましょう。

まとめ

抗うつ薬を2か月程度続けるのは、珍しいことではありません。うつ病の治療は数年単位で行うこともあるため、しばらく飲み続けるのはよくあることです。抗うつ薬に関する間違った情報がネット上でも広まっているため、周りから何か言われることがあるでしょう。

しかし、抗うつ薬を飲んでいる場合、自己判断で服用を止めると離脱症状が起きることもあるためかえってよくありません。「○○の薬は危ない」という周囲からの助言はほとんどの場合、間違っている情報なので気にしすぎず医師と相談しながら治療を進めていくようにしましょう。

ファミリードクターでは広島の子育て・健康などに関わるイベントやお店など様々な情報を発信しています。この度もっと、多くの有益な情報を発信したい、盛り上げて行きたいと思い、ともに広島の情報を発信してくださる方を募集しています。

●依頼内容

・20代〜40代女性向け
・医療・健康・運動・予防などをテーマとする
・「ファミリードクター」専用のオリジナル原稿
 (画像については別途条件あり)

●報酬

・要相談(報酬の値上げ検討あり)

●応募条件

・広島県の各市に在住している方
・コピーやリライトではなく自身の文章で書ける人
・調べて書いたり、文章を書くのが好きな人
・PCで作業ができる ※スマートフォン・タブレット不可
・長期で活躍や実績を作りたい人

●応募方法

記入事項を確認いただき下記宛先までメールにてご応募ください。
ご応募いただいた方には、こちらからご連絡差し上げます。

【宛先】
ファミリードクター事業部
info@family-dr.jp

●記入事項

・お名前
・年齢
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・過去の実績(お持ちの方)

 コラムニスト紹介

薬剤師ライター  岡本 妃香里 


薬剤師としてドラッグストアで働いていくなかで「このままではいけない」と日に日に強く思うようになっていきました。なぜなら「市販薬を正しく選べている方があまりに少なすぎる」と感じたからです。

「本当はもっと適した薬があるのに…」
「合う薬を選べれば、症状はきっと楽になるはずなのに…」

こんなことを思わずにはいられないくらい、CMやパッケージの印象だけで薬を選ばれている方がほとんどでした。

市販薬を買いに来られる方のなかには「病院に行くのが気まずいから市販薬で済ませたい」と思われている方もいるでしょう。かつての私もそうでした。親にも誰にも知られたくないから市販薬に頼る。でもどれを買ったらいいかわからない。

そんな方たちの助けになりたいと思い、WEBで情報を発信するようになりました。この症状にはどの市販薬がいいのか、どんな症状があったら病院に行くべきなのか、記事を通して少しでも参考にしていただけたら幸いです。

【経歴・資格・所属学会】
薬学部薬学科を卒業後、大手ドラッグストアで薬剤師として勤務。調剤やOTC医薬品を担当する。2018年にフリーランスとして独立し、現在は育児をしながら執筆業に専念。医薬品や健康食品、サプリメントから美容系まで、暮らしを健康にする情報を発信している。化粧品検定1級、スポーツファーマシストの資格も取得。

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ