広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,957件掲載中! (2022年10月07日現在)

多発性筋炎・皮膚筋炎 | 症状から調べる | ファミリードクター

多発性筋炎・皮膚筋炎

多発性筋炎とは、筋肉が炎症を起こして筋肉が破壊される病気のことです。力が入りにくくなったり、筋肉を動かすと痛みが生じるようになります。また、これらの筋肉の症状とともに、皮膚の症状が見られることがあります。皮膚の症状も併発している場合は「皮膚筋炎」といいます。多発性筋炎・皮膚筋炎は膠原病の一つで、国の指定難病です。

発症は50代前後の中年期が最も多いですが、次いで5~14歳頃の小児の発症率が高いです。男女で見ると、女性の患者が男性の約3倍とされており、女性の方に発症しやすいことが分かっています。日本の患者数は2万人程度と言われています。

多発性筋炎・皮膚筋炎の原因

多発性筋炎・皮膚筋炎は自己免疫疾患であることが分かっています。自己免疫疾患とは、筋肉や皮膚に対する抗体が体内で作られ、自分自身を攻撃してしまう疾患のことです。しかし、なぜ自分自身を攻撃してしまうのかは明らかになっていません。これまでの発症例から、ウイルスや細菌等による感染、免疫異常、遺伝等が関係していると考えられています。

多発性筋炎・皮膚筋炎の症状

筋炎は、筋肉に炎症が起きることで、力が入りにくくなる、筋肉を動かした際に激しい痛みが生じる等の症状が見られます。発症部位は太もも、二の腕、首等が多いです。さらに、皮膚筋炎の特徴的な皮膚症状は、まぶたに赤い発疹ができてむくむ「ヘリオトロープ疹」、手の指や肘、膝等が乾燥してカサカサになる「ゴットロン徴候」、寒い環境にいると皮膚が白くなる「レイノー現象」、首から胸に紅斑が出る「Vネックサイン」、肩から上背部に紅斑が出る、「ショール徴候」等が見られます。これらの皮膚症状は痒みを伴うことは殆どありませんが、倦怠感や食欲不振といった全身症状が見られることもあります。
さらに、間質性肺炎を併発することもあります。

多発性筋炎・皮膚筋炎の治療法

多発性筋炎・皮膚筋炎の症状は様々であるため、それぞれの症状に応じた治療が必要です。ただし、まずは共通してステロイドが中心となります。重症化している場合には、大量のステロイド剤を3日間点滴するパルス療法が検討されます。ステロイドは、症状が改善すれば徐々に量を減らしていきます。

ステロイドでは十分な効果が見られない場合や、副作用が強く投与を続けることが困難な場合には、免疫抑制剤を併用したり、免疫グロブリン点滴を併用することが検討されます。

皮膚症状に対しては外用薬で治療します。また、間質性肺炎等、他の疾患を併発している場合には、その疾患に対する治療も並行して行われます。

多発性筋炎・皮膚筋炎の予防

多発性筋炎・皮膚筋炎は原因が分かっていないため、現時点では予防法は存在しません。しかしウイルスや細菌の感染が原因の一つとして考えられるため、免疫力を下げないことが予防に繋がると考えられます。栄養バランスの取れた食事、適度な運動、十分な休養等、規則正しい生活を心がけ、免疫力を下げないように注意しましょう。

多発性筋炎・皮膚筋炎の合併症として間質性肺炎があり、最悪の場合、命を落とす危険性のある病気です。多発性筋炎・皮膚筋炎が疑われる場合には、早めに病院を受診して下さい。

多発性筋炎・皮膚筋炎を発症した場合は、自己判断で運動をすると、悪化の原因となるため避けて下さい。医師の指示のもとリハビリテーションを行うことが大切です。
なお、悪性腫瘍を合併することも多く、必ずがん検診を毎年受けましょう。

この記事の監修

安佐南内科リウマチ科クリニック 院長舟木 将雅

私は安佐南区出身で、これまで広島県下の主要病院で呼吸器疾患とリウマチ・膠原病などの免疫、運動器疾患を中心に内科医として診療してまいりました。
当クリニックは、「心をつなぎ自分らしく生きることを支える」を理念とし、令和元年にリウマチ膠原病科と呼吸器内科専門として開院いたしました。
ロゴの5色のもみじのマークは、当院が力を入れる5つの診療科「内科」「リウマチ膠原病科」「呼吸器内科」「アレルギー科」「疼痛緩和内科」を表現しています。対話を重視し聴診器で皆様とつながり地域医療としてゆき届く医療を実現します。

私たちのミッションは、
・個人の尊厳を守り一歩踏み込んだ医療を提供します。
・リウマチと呼吸器疾患の専門的医療を行ないます。
・多職種と連携し社会的処方を行ないます。
・地域コミュニティに積極的に関わります。

リウマチでお悩みの方はもちろん、身近な日常疾患にも対応できる地域のかかりつけ医としてお力になれれば幸いです。

【経歴・資格・所属学会】

※主な経歴
○安佐南内科リウマチ科クリニック 院長

※資格など
○日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
○日本呼吸器学会呼吸器専門医•呼吸器内視鏡専門医
○日本内科学会認定医

※所属学会
○日本リウマチ学会
○日本呼吸器学会
○日本内科学会

掲載情報について

本サービスは情報提供サービスであり、本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする方は、必ず医療機関や医師にご相談の上、専門的な診断を受けるようにしてください。
本サービスで提供する情報の正確性について適正であることに努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
※掲載情報には自由診療の内容が含まれている場合がございます。費用等については、直接医療機関にお問い合わせください。

トップ