広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,953件掲載中! (2022年08月10日現在)

老眼に効く市販薬はある?原因や症状、対処法やおすすめの目薬を紹介

2022/07/11

「細かい文字が見えづらくなってきた」「夜になると目がかすんでよく見えない」などの症状が見られる老眼。老眼は、30代後半から40代ごろから症状が出始めると言われています。

文字を読もうと目をこらしてもなかなか読めないのはストレスになりますよね。かといって、老眼で眼科に行くのも億劫だし…と思われている方もいるかと思います。

そのようなときに便利なのが市販の目薬です。今回は老眼に使える目薬の選び方について見ていきましょう。

老眼になる理由

老眼は、正式には「老視」と呼ばれています。老眼になるのは、加齢に伴って水晶体の厚みを調節している筋肉の働きが衰えることが原因です。また、水晶体そのものが硬くなり、厚みの調節がしづらくなることも関係しています。

水晶体とは、厚くなったり薄くなったりすることでピント調節を行うレンズのようなものです。40歳代ごろになると、うまく厚みを調節できなくなってくるため、近くのものが見づらくなったり夜になると目がかすんだりなどの症状が現れるようになります。

参考

老眼になると現れる症状

老眼では、次の症状が現れることが一般的です。

  • 近くの細かい文字が読みづらい
  • 近くから遠く、遠くから近くに視線を変えるとピントが合うのに時間がかかる
  • 細かい字を読むとき、目から離さないと読みづらい
  • 暗いところで文字が見えにくい

年齢を重ねると水晶体が厚くなりにくくなるため、近くのものが見づらくなってきます。新聞や本を目から遠ざけて読むようになったら、ピント調節機能が衰えてきているのかもしれません。

本を読んでいるときにふと顔を上げると景色がぼやけて見えたり、夜になると目がかすんだりするのも老眼でよく見られる症状です。

老眼に使える市販の目薬の選び方

老眼はピント調節に関わる筋肉や水晶体の老化によって起こります。老化を食い止めたり体を若返らせたりすることができないのと同じで、老眼も治すことはできません。

そのため、目薬を選ぶ場合は気になる症状に効果がある成分が入っているものを選んでいくことが基本です。

疲れ目やかすみ目が気になる方

疲れ目やかすみ目が気になる方は、組織代謝を促進したりピント調節機能をサポートしたりする成分が含まれているものを選びましょう。

成分名効果
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
ビタミンB12(シアノコバラミン)ピント調節機能を改善する
パンテノール組織代謝を促進する
タウリン組織代謝を促進する
ビタミンB6組織代謝を促進する
ビタミンE血行をよくする
L-アスパラギン酸カリウム組織代謝を促進する

目の乾きが気になる方

20代と比べて50代では、涙の量が約40%も減ってしまうと言われています。涙の膜が不均一になると目がぼやけたり角膜に傷がつきやすくなったりするため、乾きが気になる方は次のような成分が入ったものを選びましょう。

成分名効果
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム涙を保持する
ビタミンA角膜を修復する、涙を安定化する
参考

老眼におすすめの目薬6選

ここからは、老眼の症状を抑えるのに役立つ市販の目薬を紹介します。配合成分の種類や清涼感の強さなどを参考に、自分に合うものを見つけてみてください。

ロートVアクティブ

〈配合成分〉
パンテノール組織代謝を促進する
タウリン組織代謝を促進する
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム涙を保持する
ビタミンB6組織代謝を促進する
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
グリチルリチン酸二カリウム炎症を抑える
クロルフェニラミンマレイン酸塩かゆみを抑える

組織代謝を促進するパンテノールやタウリン、涙を保持するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどが配合されています。

グリチルリチン酸二カリウムやクロルフェニラミンマレイン酸も配合されているため、目のかゆみや赤みが気になるときにも使いやすい目薬です。清涼感があるタイプの目薬ですが、そこまで強くありません。

公式サイト:ロートVアクティブ

Vロートアクティブプレミアム

〈配合成分〉
レチノールパルミチン酸エステル(ビタミンA)角膜を修復する、涙を安定化する
塩酸テトラヒドロゾリン充血をやわらげる
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
クロルフェニラミンマレイン酸塩かゆみを抑える
ビタミンB6組織代謝を促進する
酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)血行をよくする
L-アスパラギン酸カリウム組織代謝を促進する
タウリン組織代謝を促進する
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム涙を保持する

ロートVアクティブと比べてVロートアクティブプレミアムでは、乾き目や疲れ目、かすみ目により効果が期待できる処方になっています。清涼感に関してはロートVアクティブと変わりありません。

サンテ メディカル12

〈配合成分〉
ビタミンB12(シアノコバラミン)ピント調節機能を改善する
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム涙を保持する
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)組織代謝を促進する
パンテノール組織代謝を促進する
L-アスパラギン酸カリウム組織代謝を促進する
タウリン組織代謝を促進する
クロルフェニラミンマレイン酸塩かゆみを抑える
イプシロン-アミノカプロン酸炎症を抑える
グリチルリチン酸二カリウム炎症を抑える
硫酸亜鉛水和物炎症を抑える
塩酸テトラヒドロゾリン充血を抑える

とくに疲れ目が気になる方向けに販売されている目薬です。視神経の代謝を活発にして修復するビタミンB12や、目にうるおいを与えるコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなど、さまざまな成分が配合されています。

清涼感はやや強めですが、目を開けていられないほど強い刺激はありません。

公式サイト:サンテ メディカル12

サンテ メディカルアクティブ

〈配合成分〉
ビタミンA(レチノールパルミチン酸エステル)角膜を修復する、涙を安定化する
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム涙を保持する
天然型ビタミンE(酢酸d-α-トコフェロール)血行をよくする
タウリン組織代謝を促進する
L-アスパラギン酸カリウム組織代謝を促進する
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
クロルフェニラミンマレイン酸塩かゆみを抑える
イプシロン-アミノカプロン酸炎症を抑える
塩酸テトラヒドロゾリン充血を抑える

とくに、かすみ目が気になる方向けの目薬です。ビタミンAが涙を安定化させてかすみを改善してくれます。コンドロイチン硫酸エステルナトリウムやネオスチグミンメチル硫酸塩も配合されているので、目の乾きやピントが合いにくいなどの症状にも効果的です。

清涼感はやや強めですが、痛みを感じたり目を開けられなくなったりするほどではありません。

スマイル40プレミアムDX

〈配合成分〉
レチノールパルミチン酸エステル(ビタミンA)角膜を修復する、涙を安定化する
酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)血行をよくする
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)組織代謝を促進する
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム涙を保持する
L-アスパラギン酸カリウム組織代謝を促進する
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
クロルフェニラミンマレイン酸塩かゆみを抑える
塩酸テトラヒドロゾリン充血を抑える
イプシロン-アミノカプロン酸炎症を抑える

涙を安定化したり角膜を保護したりするビタミンAが最大量配合されています。ネオスチグミンメチル硫酸塩も配合されているので、ピントが合わずぼやっとしてしまう方に向いているでしょう。清涼感は中程度です。

マイティアピントケアEXマイルド

〈配合成分〉
ネオスチグミンメチル硫酸塩ピント調節機能を改善する
アラントイン組織を修復する、炎症を抑える
クロルフェニラミンマレイン酸塩かゆみを抑える
酢酸d‐α‐トコフェロール(ビタミンE)血行をよくする
パンテノール(プロビタミンB5)組織代謝を促進する
L‐アスパラギン酸カリウム組織代謝を促進する

処方が比較的シンプルで、疲れ目やかすみ目が気になる方向けに成分が配合されています。うるおいを与える成分は入っていないため、乾きは気にならない方に向いています。清涼感は弱めです。

老眼に関するQ&A

最後に、老眼に関してよく聞かれる質問にお答えしていきます。

老眼は眼科に行けば治るの?

眼科では、視力に合った老眼鏡を作り矯正を行うことが基本です。加齢は生理現象の一つであるため、残念ながら老眼を根本的に治すことはできません。

近視だと老眼にならないって本当?

近視の方でも老眼になります。老眼にならないと言われているのは、もともと近視の方はメガネやコンタクトレンズを外すと近くにピントが合っているためです。

ほかの方と比べると老眼鏡が必要になり始める時期が遅いため、老眼にならないと誤解されていると考えられます。

老眼を放っておくとどうなるの?

老眼鏡を使わずに生活していると、目に疲れがたまって頭痛や肩こりなどを引き起こす可能性があります。放置しておくメリットはありませんので、早めに老眼鏡を準備しましょう。

目薬やサプリメントを使えば老眼はよくなる?

目薬は、あくまでも老眼に伴う症状を一時的に緩和するものです。老眼そのものを治すものではありません。また、サプリメントにも老眼を治す効果はないため、気になるときは早めに眼科を受診しましょう。

「老眼かな?」と思ったら眼科を受診しよう

老眼と思っていたのに、詳しく調べたら違う疾患が原因だったというケースもあります。老眼鏡は100円ショップなどでも手に入りますが、本当に老眼が原因で視力が低下しているのかを調べてもらうためにも、まずは眼科を受診しましょう。

まとめ

老眼に使える目薬は市販にもありますが、老眼そのものを改善させるものはありません。疲れ目やかすみ目、目の乾きなど気になる症状に合わせて目薬を選んでみてください。

ただし、自己判断で老眼と決めつけるのではなく、まずは眼科を受診することがおすすめです。まれに老眼ではなくほかの疾患が原因のこともありますので、気になる症状が出てきたら眼科を受診するようにしてください。

 コラムニスト紹介

薬剤師ライター  岡本 妃香里 


薬剤師としてドラッグストアで働いていくなかで「このままではいけない」と日に日に強く思うようになっていきました。なぜなら「市販薬を正しく選べている方があまりに少なすぎる」と感じたからです。

「本当はもっと適した薬があるのに…」
「合う薬を選べれば、症状はきっと楽になるはずなのに…」

こんなことを思わずにはいられないくらい、CMやパッケージの印象だけで薬を選ばれている方がほとんどでした。

市販薬を買いに来られる方のなかには「病院に行くのが気まずいから市販薬で済ませたい」と思われている方もいるでしょう。かつての私もそうでした。親にも誰にも知られたくないから市販薬に頼る。でもどれを買ったらいいかわからない。

そんな方たちの助けになりたいと思い、WEBで情報を発信するようになりました。この症状にはどの市販薬がいいのか、どんな症状があったら病院に行くべきなのか、記事を通して少しでも参考にしていただけたら幸いです。

【経歴・資格・所属学会】
薬学部薬学科を卒業後、大手ドラッグストアで薬剤師として勤務。調剤やOTC医薬品を担当する。2018年にフリーランスとして独立し、現在は育児をしながら執筆業に専念。医薬品や健康食品、サプリメントから美容系まで、暮らしを健康にする情報を発信している。化粧品検定1級、スポーツファーマシストの資格も取得。

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ