広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,945件掲載中! (2022年06月27日現在)

インプラント周囲炎 治療法

2022/03/02

前回のコラムではインプラント周囲炎の原因をまとめました。

今回のコラムではインプラント周囲炎の治療法を説明させていただきます。

インプラント治療は完成して終了ではなく、長持ちさせる必要があり、そのためには天然の歯と同じように定期的なメンテナンスが必要です。 患者様から良く問い合わせがある内容に

「インプラントのメンテナンスは短い間隔で特別な事をしないといけませんか?」

とありますが、当院では特別なことはなく、今までと同様3ヶ月ほどのペースで来院頂いております。
その際のチェック事項は以下です

定期検診での診査項目

  • 自覚症状、視診(腫れなど)
  • 動揺の有無
  • インプラント周囲の歯茎を触った時の出血、排膿の有無
  • 歯周ポケット表面を触った時の出血、排膿の有無
  • 歯周ポケットの深さ
  • X線診査(骨が溶けてるかどうか)

そして、異常があれば以下に示す内容で段階的に順を追って治療していく

治療手順

  1. 歯ブラシの確認、指導
    インプラント周囲の清掃 抗生剤の塗布
  2. 被せ物を外して直接清掃
  3. 清掃性の良い形態に修正した被せ物に作り替え
  4. 外科治療
    再生療法、角化歯肉移植
  5. 薬物療法
  6. インプラント撤去

では、以下に細かく示していく。

インプラント周囲粘膜炎(歯茎のみの炎症)

前回コラム:インプラント周囲炎
  • インプラントの周りを専用の器具(プローべ)で軽くなぞるように触ってみて歯茎から出血するか調べる
    出血すれば炎症が起きている証拠

(1)歯ブラシの指導を行う
(2)インプラントと歯茎の隙間(歯周ポケット)を専用の器具(エアーフロー)を用いて、特殊な粉を水流で吹き付けて汚れを洗浄する
(3)歯周ポケットに抗生剤の薬を塗布

2週間後に再度来院

出血が治まってなければ、被せ物を外して汚れをとる
天然の歯は抜いて歯石などの汚れを取って、また植える。なんてことは出来ないので、この点ではインプラントは有利

インプラントと被せ物はネジで留めてあるので、外して被せ物の周りの汚れを洗浄することが可能

3ヶ月後に再度来院(次回メンテナンス時)

出血が続けば、被せ物を作り替える(歯磨きしやすい形態に変更)
初めは理想的な歯の形で被せ物を作るが、患者様の歯ブラシの程度に応じて清掃性を優先した形に作り替えることもする

赤く示した部分の形態を作り替えて清掃性を良くする

インプラント周囲炎(骨まで溶けてる状態)

外科手術にて対応することが多い

インプラント再生療法

インプラントの周りを歯茎を切って開いて、徹底的に消毒
骨に置換するカルシウムを主成分とする粉を詰め、膜で覆う

角化歯肉移植

歯を歯周病から守る強い歯茎となる角化歯肉が少なくてインプラント周囲炎になっているのなら増やす手術をする

前回コラム:インプラント周囲炎

薬物療法

強力な抗生剤を飲んで口の中の歯周病菌を一時的に殺菌する
歯周病菌は歯茎の中にまで入り込んでおり、インプラント周囲の汚れを清掃するだけでは治らないケースで行う

インプラント撤去

骨の欠損の進行次第ではインプラントを撤去し、骨の治癒を待った後、再度インプラントを埋入する

以上、インプラント周囲炎の治療法を述べましたが、天然の歯の歯周病と比べて難易度は高い。その理由としては、インプラントは骨との結合を良くするために表面をあえて粗造にしてある。インプラント周囲炎に罹患してない時は問題ないが、一度罹患してしまうと骨が溶け、インプラントの粗造な表面が露出するので汚れが溜まりやすく、進行しやすい。

インプラント周囲炎は早めの対応をすることで、この粗造な表面が感染する前の軽度な状態で対応することが必要なので、定期的なメンテナンスが重要となる。

また、治療は普通の歯の歯周病と似た方法で遂行していくため、インプラントを行うには一般の歯の歯周病を治療できる環境、歯科医院を選ぶ必要がある。

 コラムニスト紹介

かみなか歯科 理事長  上中 茂晴 


大阪で10年間勤務し最先端の技術を学び、郊外でも最新の治療を提供すべく地域密着型の治療を提供しています。
● 拡大鏡、歯科用顕微鏡を用いて7倍から20倍に拡大した視野のなか行う精密治療
● CTも用いた3次元診断
● 歯科麻酔医による全身管理の元、安全に行う外科処置
の3つの特徴を軸に安心、安全な治療を提供しております。
また、歯周病で失われた骨を再生させる再生療法にも力を入れており、歯の温存に努めております。

【経歴・資格・所属学会】
広島大学付属高等学校、広島大学歯学部卒業
医療法人小室会小室歯科難波診療所 入職。 医長、矯正長、副院長を歴任。
広島大学卒後研修会委員
2015年10月にかみなか歯科開院。
2021年1月 日本臨床歯周病学会 中国四国支部理事 就任。
2022年3月 SPIインプラント アドバイザー 就任。

■所属
九州歯科大学附属病院 口腔インプラント科

■所属学会
国際口腔インプラント学会
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
臨床歯周病学会
日本顎咬合学会

■講習会
JIADS ぺリオアドバンスコース(歯周病・インプラント・再生療法)
5-D Japan アドバンスコース (歯周病・歯内療法・歯牙移植・審美・インプラント・再生療法)
GPOレギュラーコース(矯正)

column/button_type2_c column/button_type2_b column/button_type2_a

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ