ご家庭で簡単に試せる!写真を上手にとる「2つのコツ」


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,997件掲載中! (2021年08月03日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > ご家庭で簡単に試せる!写真を上手にとる「2つのコツ」

2021/06/18

子供の成長というのはあっという間で、特に最初の1年の成長は著しいものがありますね。

ついこの前まで、産まれたばかりの小さな姿だったのに、、、と多くのパパ・ママが感じられることだと思います。

そんなわが子の成長を「一瞬たりとも逃すまい!」と日々写真を撮られるご両親も多いことでしょう。

そんな成長記録とも言える「写真」。
できるだけ上手に撮れたらな~って考えたことありませんか?

そこで今回は、「簡単にできる!ご家庭で写真を上手に撮るコツ」をご紹介いたします。

三分割法を制するものは構図を制する

写真を撮影する上で、大切になってくるポイントはいくつかありますが、その中の一つが「構図」です。構図とは平たく言えば「切り取り方」ですが、国語辞典を引用すると「 絵画・写真などで仕上がりの効果を配慮した画面の構成」とあります。
人物を撮る際に、画面構成という点で意識することは「人物を主役にする」という点です。もちろん、まっすぐに人物を中心に置いて撮影したり、わが子を画面いっぱいに大きくアップで撮影したりしても人物は主役になります。
しかし、「せっかくなら少しオシャレに撮ってみたいなぁ」とか、「背景にあの花を入れたいなぁ」と考え始めると、どう切り取ればいいのか途端にわからなくなったりしますよね。

そこで役に立つのが「三分割法」です。

とっても簡単で、一眼レフやデジカメ、もちろんスマートフォンのカメラでも、今すぐに活用できますので、ぜひお子さまで試してみてください。

三分割法とは画面を縦・横ともに均等に三分割に画面を割り、そのラインが重なる部分、つまり十字になる部分に撮りたい人物の顔、あるいは瞳をもってくるという技術です。

このように、十字部分に顔や瞳をもってくるだけで、少し小洒落た感じが出せますし、画面構成という点に置いてもバランスがとれて、さらに人物を主役にして写すことができます。

また、十字部分にもってくるのが難しい場合は、このライン上に顔や瞳をもってくるだけでも構いません。それだけでも十分バランスのとれた構図になりますよ。

三分割法を制するものは構図を制する!お子さまの日常を切り取る参考にしてみてください。

外で撮影する場合は、実は「逆光」の方がいい

ご家族でのお出かけは大切な思い出になりますよね。カメラを握るパパやママも多いはず。 そこで知っておいていただきたい知識が、「実は順光よりも逆光で撮る方がいい場合がある」ということです。

順光だと顔に太陽の光を直接受けるので顔が明るく撮れる、逆に逆光だと背中側に太陽がある状態になるので顔が暗くなる、と思われがちなのですが、写真館でロケ撮影をする場合は基本的に逆光で撮るように立ち位置等を考えています。

もちろん、順光の方が明るい、逆光だと暗いという認識は間違ってはいません。ただ、人物の写真を撮るにあたって逆光で撮るメリットというものがあります。

まず、第一に「眩しくない」という点です。特にお子さまを撮影する場合は、順光だとどうしても目を細めてしまい「眩しい顔」になってしまいがちです。大人でも眩しい中、表情を作るのは大変ですよね。その問題は、逆光で撮ることであっさり解決されるんです。

そして、第二に「影ムラができない」という点です。順光だと、確かにしっかり顔に光が当たりますが、私たちの顔には凹凸があるので、どうしても直接光を当てると影のムラができてしまいます。一方、逆光で撮ると光は背面から受けているので、顔に影ムラはできずにキレイな写真を撮影することができます。

しかし、やはり逆光だと顔の明るさは落ちるので、写真館では「レフ板」という光を反射させるボードを用いて、顔に柔らかい光をまわして撮影しています。
ご家庭では難しいかと思いますが、最近は携帯で簡単に明るさの補正ができますよね。それで十分キレイな写真にすることができます。

おわりに

簡単に試せて、写真を上手に撮れる二つのコツをご紹介しましたが、必ずしもそうしなければならないということではありません。一番大切なことは撮りたいイメージに合わせて、変えていくということです。
写真館を利用することと、家庭で撮影することも、残したいイメージによってどちらを選ぶかを、皆さま無意識に選択されていると思います。

写真館で撮影する写真は、衣装を着たり、作り込まれた背景セットで撮影したり、「非日常感」のある記念写真です。
一方、ご家庭でパパやママが撮影される写真は「日常感」のある思い出写真です。

写真館は、人生の節目の記念写真として、皆さんに寄り添うことができますが、どうしても日常の思い出を残していくお手伝いができません。
お子さまが一番いい表情をするのも、リラックスできる家の中で、大好きなパパとママの前だからこそですよね。めまぐるしく成長するわが子の、その一瞬一瞬を思い出として、自分の撮りたい写真をイメージしながら、楽しんで撮影してみてくださいね。

 コラムニスト紹介

  写真館 フォセット 


広島、岡山、熊本の西日本で12店舗を展開する写真館です。赤ちゃん、お誕生日、七五三などのキッズ撮影から、成人振袖、ブライダルなどの大人撮影までトータルに対応いたします。衣装は人気ブランドからオリジナルまで店舗ごとに約500着を豊富に取り揃え、フォトスタジオは各店それぞれ独自のデザインで構成され、全店すべて異なります。お好きなイメージのスタジオでの撮影をお楽しみ下さい。また、撮影方法は三脚を使わずにカメラマンが自由に動くフリースタイルフォトなので、お子様の一瞬の仕草や表情を逃さず撮影できるのも魅力です。はじめての写真スタジオでの撮影ならフォセットへ!

【経歴・資格・所属学会】

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ