マタニティフォト Vol:1


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,997件掲載中! (2021年08月03日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > マタニティフォト Vol:1

2021/06/28

ここ数年で、撮影する方が増えている「マタニティフォト」。

ご存知の方も多いと思いますが、いざ撮ろうかな!と考えた時に、少し躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

そもそも、

「どうやって撮ればいいのかな?」
「自分で撮るものなのかな?」
「プロに撮ってもらうものなのかな?」
「お腹は出して撮るものなの?」

など、わからないことも多く、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、「マタニティフォト」について、その魅力や撮影の依頼場所など、多方面からご紹介していきます。

マタニティフォトって? その魅力とは

元々は、海外セレブが撮影したマタニティ姿が、SNSなどで拡散されたことから注目を浴び、マタニティフォトは広まりました。
しかし、日本人特有の「奥ゆかしさ」から、お腹を出すことに恥じらいを感じる方も多く、お腹を隠すことに意識を向ける方が一般的で、撮影なんて考えらない妊婦さんがほとんどだったように思います。

ですが、大きく膨らんだお腹はそこに新しい命が宿っているという、とても神秘的なものであり、昨今においてはそれを写真におさめることに関心が寄せられています。

マタニティフォトとは、いわば、新しい家族との最初の記念写真になります。
まだお腹の中にいて、姿形は見えないけれど、ここに確かに生きている。産まれる前から、命が宿ったその瞬間から、新しい家族はスタートしています。

妊娠がわかって、少しずつ大きくなるお腹を、ママはとにかく愛おしく感じながら毎日を過ごしていますし、パパも日に日に大きくなるお腹を見て、わが子が産まれるという事実を少しずつ実感していきます。
また、「動いた!」と、初めて胎動を感じたときは、お腹の中の子が確かに生きていることを感じ、涙が出るほど嬉しくなります。
そんな胎動をパパにも感じさせてあげたい!と思うのに、そういう時に限ってなかなか動いてくれなくて、もどかしい思いをしたりしたママも多いのでは?

そうやって過ごす「とつきとおか(十月十日)」。その長い年月の記憶が思い出として1枚の写真に記録できることが、マタニティフォトの最大の魅力なのです。

命が宿ったことを知って、パパとママが二人で喜んだあの日。
初めてママが胎動を感じたあの日。
初めてパパの手を蹴ったあの日。

大きくなったお腹に、パパとママが二人で手を添えて、間近に控える命の誕生の日を祈ったあの日。
そんな全ての思い出を、何年経っても1枚のマタニティフォトが思い出させてくれます。 冒頭でお伝えしたように、マタニティフォトは新しい家族での初めての記念写真。産まれる前から家族であること、産まれることを心から楽しみにしていること、そんな今の気持ちを、産まれてくるお子様にも写真で伝えてあげられるなんて、素敵ですよね。

マタニティフォトってどこで撮るの?

そんなマタニティフォトですが、一体どこで撮影をしたらよいのでしょうか。
撮影の仕方はいくつかありますが、大きくわけると3つに絞られます。

一つ目は写真館での撮影です。マタニティフォトの認知度も高まり、あらゆる写真館でマタニティ撮影は行われています。
写真館での撮影の良さは、スタジオでのレンタル衣装が充実しており、自分では用意するのが難しいマタニティ用のドレスなどを着れることや、ヘアセットの対応も可能なので、特別感のある撮影ができるところにあります。作り込まれたスタジオでの撮影はとても雰囲気のある写真になります。

二つ目は出張撮影です。最近ではフリーのカメラマンもマタニティ撮影を積極的に行っています。
出張撮影の良さは、基本的に撮影場所が自宅、もしくは好きなロケーション場所で撮影ができるところにあります。お腹の重たい妊婦さんは自宅で人目を気にせず撮影できるのも嬉しいですよね。また、ロケーション撮影は天気がいいととても写真映えがするところも魅力ですね。

三つ目は自身で撮影をするセルフ撮影です。セルフ撮影の良さは、自分の体調を考慮しながら、好きなタイミングで撮影ができることや、毎月撮影なども可能なので少しずつ大きくなっていくお腹の成長過程を残すことができる点にあります。10ヶ月目になった時、妊娠初期に撮影した写真を見返してみると、短い期間の著しい成長を感じることができますよ。

このようにあらゆる撮影方法がありますので、自分にあった撮影を探してみてくださいね。

終わりに

マタニティフォトは、現在ではかなり一般的なものになってきています。撮影内容も、妊婦さんが一人でお腹を大切に抱えた美しい姿を残す「一人撮影」や、ご主人とお二人でにこやかに誕生を待つ様子が覗える「お二人での撮影」、さらには二人目の妊娠であれば上のお兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒に赤ちゃんに話しかけている様子を残す「家族での撮影」など、そのパターンは多岐にわたります。

そして撮影された写真は、赤ちゃんが産まれた後にも、産まれる前からたくさんの愛に包まれていたことを伝える素敵なプレゼントになりますよ。

是非、今しか撮れないその神秘的で愛おしい大きなお腹の姿を1枚の写真に残してみてください。

 コラムニスト紹介

  写真館 フォセット 


広島、岡山、熊本の西日本で12店舗を展開する写真館です。赤ちゃん、お誕生日、七五三などのキッズ撮影から、成人振袖、ブライダルなどの大人撮影までトータルに対応いたします。衣装は人気ブランドからオリジナルまで店舗ごとに約500着を豊富に取り揃え、フォトスタジオは各店それぞれ独自のデザインで構成され、全店すべて異なります。お好きなイメージのスタジオでの撮影をお楽しみ下さい。また、撮影方法は三脚を使わずにカメラマンが自由に動くフリースタイルフォトなので、お子様の一瞬の仕草や表情を逃さず撮影できるのも魅力です。はじめての写真スタジオでの撮影ならフォセットへ!

【経歴・資格・所属学会】

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ