飲み過ぎに注意の話No.1


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,000件掲載中! (2020年11月30日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 飲み過ぎに注意の話No.1

2020/07/03

でも、油断しちゃうと飲み過ぎちゃいますよね。

皆さん、こんにちは。加賀谷です。
新型コロナに伴う自粛要請が解除されて、自粛空け飲み会なんて企画している人も居るかもしれませんね。やっぱりオンライン飲み会よりは楽しいよね!と言っているかも。

繁華街や観光地に少しずつ賑わいが戻っているようで、西条の酒蔵通りも週末は賑やかになりました。西条は灘、伏見と並ぶ日本三大酒処として知られており、特に西条は吟醸酒の製造法を世に広めたことで有名なそうです。オバマ大統領が来日した時に西条の某酒蔵の日本酒を飲まれたことが記憶に残っている人も居られるかもしれません。加賀谷も広島県民として誇らしく思いました。西条の酒蔵通りは白壁やナマコ壁が並び煙突が立ち、散策するとそれぞれの酒蔵の趣が映える風情ある観光名所です。また、東広島市には酒類総合研究所があり、広島大学と共同研究もされているようで、今や科学の観点から日本酒を研究する時代になっています。

WHOによると、アルコール依存症の診断基準は以下のようになっています。

アルコール依存症の診断基準

  1. アルコールを摂取したいという強い欲望(渇望)
  2. 飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して、その摂取行動を統制することが困難(コントロール障害)
  3. 飲酒を中止もしくは減量した時の生理学的離脱状態(離脱症状)
  4. はじめはより少量で得られたそのアルコールの効果を得るために、飲酒量を増やさなければならないような耐性の証拠(耐性)
  5. 飲酒のために、それに代わる楽しみや興味を次第に無視するようになり、アルコールを摂取せざるをえない時間や、その効果からの回復に要する時間が延長する。
  6. 明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず、依然として飲酒する。

これら6項目のうち、過去1年で3項目以上に該当すると、依存症と言えます。
上の説明は専門用語で少々難解なので、日常生活用語で以下に言い換えてみます。

  1. 家に帰ったら真っ先にビールを探す。家にアルコールが無かったら大雨でも買いに行く。
  2. 飲み始めたら止まらない。ハシゴ酒して終電を逃してしまう。
  3. 二日酔い。翌日に頭が痛い。手が震える。
  4. 以前に比べて同じ量では酔えなくなった。
  5. 日曜日に家族でドライブしたいけど、やっぱり昼から飲みたいから家に居るよ。酔いは醒めたと思っていたのに飲酒運転で捕まった。
  6. 内科の先生から肝臓が悪いから断酒しろと言われたけど、止められるわけないだろ。

どうでしょうか、あなたの身近に3項目以上該当する人が居られますか。

私は次のように考えています。

  • アルコール依存症は生活習慣病です。
    だから、治療には本人の生活習慣も含めた行動の変化が必要です。
  • アルコール依存症は進行性の病気です。
    だから、早期発見・早期治療が重症化の予防と社会生活の維持にとって重要です。

早期治療を考えている人に朗報です。1年前に飲酒量低減薬ナルメフェンが上市され、初期の患者さんなら減酒による治療が可能になりました。ナルメフェンは酒を飲みたいという気持ちを抑える働きがあります。ナルメフェンは飲酒の1~2時間前に内服する薬です。毎晩の晩酌量を減らすために毎晩ナルメフェンを使ったり、週末の飲み会で飲み過ぎないように飲み会の前にナルメフェンを使う方法があります。患者さんによっては「いつもより少ない酒の量で満足できた」という人も居られます。ナルメフェンを処方し、加えてカウンセリング等の心理社会的療法を実施することが必要です。なお、厚労省の方針で、この薬を処方できるのは現時点では一部の医療施設に限られます。

飲酒についてちょっと心配なあなたの知り合いに、新しい治療法を教えてあげてください。早目の相談、早目の治療で、健康な生活を維持しましょう。

 コラムニスト紹介

医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所 所長  加賀谷 有行 


大学院生の時に瀬野川病院に非常勤医師として勤務し、津久江一郎先生の教えを受け、精神科救急や依存症治療の必要性を実感しました。大学院生の時に国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部で神経精神薬理学研究の基礎を学び、大学院の卒業後は広島大学医学部神経精神医科学講座で助手・講師を務め、臨床・教育・研究に従事しました。
平成14年4月から平成28年8月まで、広島国際大学教授として、主として精神保健福祉士・社会福祉士の養成に従事するとともに、学生相談室長・保健室長・学生部長として学生支援に携わりました。
平成28年9月より、医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所の二代目所長を拝命し研究や啓発に従事するとともに、法人内の瀬野川病院とよこがわ駅前クリニックで診療にも携わっています。
「KONUMA記念依存とこころの研究所」のKONUMAの由来は、当法人の津久江一郎会長が師事した広島大学医学部神経精神医学講座初代教授(名誉教授)小沼十寸穂先生の名前を冠しています。初代所長である小沼杏坪先生は、小沼十寸穂名誉教授のご子息で、国立下総療養所で長らく依存症の治療や研究に邁進された方です。

【経歴・資格・所属学会】
昭和62年3月:広島大学医学部卒業
平成4年3月:広島大学大学院医学系研究科を修了
平成7年6月:広島大学医学部神経精神医科学講座助手・講師
平成14年4月:広島国際大学教授、学生相談室長、保健室長、学生部長。
平成28年9月:初代研究所所長 小沼杏坪先生の後任として、医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所において、研究や啓発に従事している。
博士(医学) 精神科専門医 精神保健指定医 産業医

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ