広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,957件掲載中! (2022年10月07日現在)

ストレスで頭痛?そして鎮痛薬依存? 解離症状としての頭痛

2022/09/16

頭痛、誰もが経験したことがある症状でしょう。その原因は多岐にわたります。

このHPで頭痛の項目を見ても、片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛、くも膜下出血、脳卒中、脳卒中後遺症、脳塞栓、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、脳動脈硬化症、髄膜炎、ウィルス性脳炎、高血圧症、緑内障、眼精疲労、高次脳機能障害が挙げられています。

国際頭痛分類第3版ベータ版に掲載された分類を以下に示します。

分類

一次性頭痛

  • 1.片頭痛
  • 2.緊張型頭痛
  • 3.三叉神経・自律神経性頭痛
  • 4.その他の一次性頭痛疾患

二次性頭痛

  • 5.頭頸部外傷・障害による頭痛
  • 6.頭頸部血管障害による頭痛
  • 7.非血管性頭蓋内疾患による頭痛
  • 8.物質またはその離脱による頭痛
  • 9.感染症による頭痛
  • 10.ホメオスターシス障害による頭痛
  • 11.頭蓋骨、頸、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいはその他の顔面・頸部の構成組織の障害による頭痛あるいは顔面痛
  • 12.精神疾患による頭痛

有痛性脳神経ニューロパチー、他の顔面痛およびその他の頭痛

  • 13.有痛性脳神経ニューロパチーおよび他の顔面痛
  • 14.その他の頭痛性疾患

片頭痛や緊張型頭痛などにより専門医療機関で治療している人も多いことと思います。
ここでは、二次性頭痛のうちの12.精神疾患による頭痛をもう少し詳しく説明します。

12.精神疾患による頭痛について

12.精神疾患による頭痛の項目では、

  • 12.1 身体化障害による頭痛
  • 12.2 精神病性障害による頭痛

の2種類の頭痛が記載されており、さらに付録として、

  • A12.3 うつ病による頭痛
  • A12.4 分離不安症/分離不安障害による頭痛
  • A12.5 パニック症/パニック障害による頭痛
  • A12.6 限局性恐怖症による頭痛
  • A12.7 社交不安症/社交不安障害(社交恐怖)による頭痛
  • A12.8 全般性不安症/全般性不安障害による頭痛
  • A12.9 心的外傷後ストレス障害による頭痛
  • A12.10 急性ストレス障害による頭痛

が列挙されています。

このように整理してみると、多くの精神疾患が頭痛の原因となることがわかります。

A12.9やA12.10に関連して解離症状に伴う頭痛ついて

今回はA12.9やA12.10に関連して解離症状に伴う頭痛について少し説明します。

ここでは、幼少時期に辛い経験をした人の頭痛を想定します。そのような人は、本人が無意識の中に閉じ込めている辛い過去の記憶があるのですが、普段それは意識されません。しかし、何かのタイミングで辛い過去の記憶が意識に上る時に頭痛を生じやすくなります。本人にとっては頭痛の理由がわからないので、頭痛を鎮めるために鎮痛薬を内服します。そうすると少し楽になります。しかし、何度も辛い過去の記憶が意識に上りそうな状況に陥ってしまうと、鎮痛薬を頻回に内服したり一度に大量に内服してしまいます。こうなると鎮痛薬依存の状態と言えます。

これは何も特別な人に生じることではありません。誰しも忘れていたい(忘れてしまった)辛い過去はあるもので、皆さんの中にも、忘れたつもりの辛い過去を思い出して胸が苦しくなったことがある人は多いでしょう。解離性障害の人では健康的な人に比べて頭痛が重症で慢性化しているのかもしれません。

頭痛の原因は多岐にわたるので、いろいろな診療科を受診して原因が見当たらない場合は、心療内科や精神科に相談することを考えても良いかもしれません。

参考文献
国際頭痛分類第3版ベータ版日本語版 all_02057_2.pdf (jhsnet.net)
松本俊彦(著) 薬物依存とアディクション精神医学 金剛出版 2012 ISBN978-4-7724-1239-1

ファミリードクターでは広島の子育て・健康などに関わるイベントやお店など様々な情報を発信しています。この度もっと、多くの有益な情報を発信したい、盛り上げて行きたいと思い、ともに広島の情報を発信してくださる方を募集しています。

●依頼内容

・20代〜40代女性向け
・医療・健康・運動・予防などをテーマとする
・「ファミリードクター」専用のオリジナル原稿
 (画像については別途条件あり)

●報酬

・要相談(報酬の値上げ検討あり)

●応募条件

・広島県の各市に在住している方
・コピーやリライトではなく自身の文章で書ける人
・調べて書いたり、文章を書くのが好きな人
・PCで作業ができる ※スマートフォン・タブレット不可
・長期で活躍や実績を作りたい人

●応募方法

記入事項を確認いただき下記宛先までメールにてご応募ください。
ご応募いただいた方には、こちらからご連絡差し上げます。

【宛先】
ファミリードクター事業部
info@family-dr.jp

●記入事項

・お名前
・年齢
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・過去の実績(お持ちの方)

 コラムニスト紹介

医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所 所長  加賀谷 有行 


大学院生の時に瀬野川病院に非常勤医師として勤務し、津久江一郎先生の教えを受け、精神科救急や依存症治療の必要性を実感しました。大学院生の時に国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部で神経精神薬理学研究の基礎を学び、大学院の卒業後は広島大学医学部神経精神医科学講座で助手・講師を務め、臨床・教育・研究に従事しました。
平成14年4月から平成28年8月まで、広島国際大学教授として、主として精神保健福祉士・社会福祉士の養成に従事するとともに、学生相談室長・保健室長・学生部長として学生支援に携わりました。
平成28年9月より、医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所の二代目所長を拝命し研究や啓発に従事するとともに、法人内の瀬野川病院とよこがわ駅前クリニックで診療にも携わっています。
「KONUMA記念依存とこころの研究所」のKONUMAの由来は、当法人の津久江一郎会長が師事した広島大学医学部神経精神医学講座初代教授(名誉教授)小沼十寸穂先生の名前を冠しています。初代所長である小沼杏坪先生は、小沼十寸穂名誉教授のご子息で、国立下総療養所で長らく依存症の治療や研究に邁進された方です。

【経歴・資格・所属学会】
昭和62年3月:広島大学医学部卒業
平成4年3月:広島大学大学院医学系研究科を修了
平成7年6月:広島大学医学部神経精神医科学講座助手・講師
平成14年4月:広島国際大学教授、学生相談室長、保健室長、学生部長。
平成28年9月:初代研究所所長 小沼杏坪先生の後任として、医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所において、研究や啓発に従事している。
博士(医学) 精神科専門医 精神保健指定医 産業医

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ