処方薬依存って何?


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,006件掲載中! (2020年10月21日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 処方薬依存って何?

2020/09/16

アンサング・シンデレラは、石原さとみさん主演で、病院薬剤師が奮闘するドラマです。9月10日の放送では、処方薬依存や過量服薬(大量服薬)が話題になっていました。

皆さんこんにちは、加賀谷です。

処方薬とは、病気の治療に必要な薬で、医師が処方箋に記載して薬剤師が調剤した薬のことを言います。その処方薬に依存した状態が処方薬依存です。

どのような処方薬が依存に陥りやすいのでしょうか?

よく知られているのは、睡眠薬(睡眠導入薬)・抗不安薬や鎮痛薬や鎮静薬です。睡眠薬・抗不安薬は一般の人たちは安定剤と言うことが多いようです。鎮痛薬にはNSAIDsと言われる薬剤や医療用麻薬などがあり、痛みのある患者さんにとっては必要な薬ですが、依存に陥ることがあるので注意が必要です。鎮静薬は現在では麻酔の一方法として使われることがありますが、鎮静薬の中にも依存性の高いものがあります。

睡眠薬・抗不安薬の依存の症状の特徴を挙げてみます。

  • 大量または長期間に薬を使う。
  • 減量を試みても失敗する。
  • 薬への強い欲求(渇望)。
  • 職場、学校、家庭に対して責任を果たせない。(例えば、睡眠薬を飲みすぎて次の朝に起きれず欠勤する)
  • 薬のために、社会的、職業的、娯楽的活動を縮小する。(例えば、休日にドライブに行かずに、抗不安薬を飲んで家でボーっと過ごす)
  • 耐性。(薬が効きにくくなる)
  • 離脱。(薬の効果が切れたときに、不安や不眠などが増強する)

睡眠薬・抗不安薬を初めて使ったときの使用理由は?(参考1)

  • 不眠だったから。
  • 不安だったから。
  • 気分が落ち込んだから。
  • 自暴自棄になって。

つまり、アルコール依存症や薬物依存症と同じように、睡眠薬や抗不安薬を使って自分の辛さを軽減しているうちに依存に陥ることも多いようです。

依存に陥ると、様々な方法を駆使して薬を確保しようと試みます。例えば、ドラマでも出ていたように20か所以上の医療機関をドクターショッピングして薬を集める人も居ます。法律や規則を破ってでも薬を大量に入手するという行為が既に依存症の症状といえます。

処方薬依存症の人にしばしば見られる特徴を挙げてみます。

  • 自己評価が低い。
  • 本音を言えない。
  • 弱音を吐けない。
  • 孤独感が強い。
  • 不安が強い。
  • 人に頼るのが苦手。

太宰治、川端康成、芥川龍之介、マイケル・ジャクソン、タイガー・ウッズなど、古今東西、著名人が処方薬に依存あるいは乱用したことが報道されることがあります。文芸家や芸術家やスポーツ選手のような名を成した人も、内面では孤独だったり、不安だったり、何らかの辛さを抱えていたのかもしれません。

なお、OTC薬(over the counter:処方箋無しで薬局で購入できる薬:市販薬)にも少量の依存性薬剤を含有する薬があるので、薬局で買う薬といえども依存に陥らないように注意する必要があります。

ドラマでは娘さんの折り紙が処方薬依存の回復に一役買っていました。どうやって処方薬依存から回復するか悩んでいる方、あるいは処方薬依存ではないかと心配な場合は、専門医療機関に相談してみてください。

また、かかりつけ薬局を持ちお薬手帳を利用することは、処方薬依存の予防や処方薬の誤用防止に有効です。薬剤師さんが丁寧にチェックしてくれるので、お薬手帳を活用しましょう。

(参考1)松本俊彦;処方薬乱用・依存からみた今日の精神科治療の課題:ベンゾジアゼピンを中心に 臨床精神薬理 16: 803-812, 2013.

 コラムニスト紹介

医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所 所長  加賀谷 有行 


大学院生の時に瀬野川病院に非常勤医師として勤務し、津久江一郎先生の教えを受け、精神科救急や依存症治療の必要性を実感しました。大学院生の時に国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部で神経精神薬理学研究の基礎を学び、大学院の卒業後は広島大学医学部神経精神医科学講座で助手・講師を務め、臨床・教育・研究に従事しました。
平成14年4月から平成28年8月まで、広島国際大学教授として、主として精神保健福祉士・社会福祉士の養成に従事するとともに、学生相談室長・保健室長・学生部長として学生支援に携わりました。
平成28年9月より、医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所の二代目所長を拝命し研究や啓発に従事するとともに、法人内の瀬野川病院とよこがわ駅前クリニックで診療にも携わっています。
「KONUMA記念依存とこころの研究所」のKONUMAの由来は、当法人の津久江一郎会長が師事した広島大学医学部神経精神医学講座初代教授(名誉教授)小沼十寸穂先生の名前を冠しています。初代所長である小沼杏坪先生は、小沼十寸穂名誉教授のご子息で、国立下総療養所で長らく依存症の治療や研究に邁進された方です。

【経歴・資格・所属学会】
昭和62年3月:広島大学医学部卒業
平成4年3月:広島大学大学院医学系研究科を修了
平成7年6月:広島大学医学部神経精神医科学講座助手・講師
平成14年4月:広島国際大学教授、学生相談室長、保健室長、学生部長。
平成28年9月:初代研究所所長 小沼杏坪先生の後任として、医療法人せのがわKONUMA記念依存とこころの研究所において、研究や啓発に従事している。
博士(医学) 精神科専門医 精神保健指定医 産業医

column/button_type2_b

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ