骨の高さを失った部分へのインプラント


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,011件掲載中! (2019年12月08日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 骨の高さを失った部分へのインプラント

2019/11/29

骨の高さを失った部位にインプラントを行う方法をいくつか紹介させて頂きます。

前回のコラムでは骨の幅を失ったケースにおいてインプラントを行う場合、側方GBRを行って骨を再生させる方法と、患者負担を軽減させるためにナローインプラントと呼ばれる直径の細いインプラントを用いる方法を紹介いたしました。

骨の高さを失った部位にインプラントを行う際は骨を再生させる必要がでてきます。

失った骨を再生させる方法

失った骨を再生させる方法に以下のものがあります。

  • 上顎洞底挙上術(サイナスリフト、ソケットリフト)
  • 垂直的GBR法

上顎洞底挙上術

上顎洞とは?

上顎の奥歯の上に存在する骨の空洞になっている部分のことです。

上顎の奥歯にインプラントを計画する場合、この上顎洞との距離がポイントになります。距離が少ない場合、この骨の空洞に骨を作ってインプラントが埋入できる高さを確保します。

骨を作る方法はソケットリフトとサイナスリフトの2種類があります。 アプローチする方法が違います。

ソケットリフト

インプラントを埋入する為に骨を削りますが、その穴を利用し、上顎洞にアクセスして、骨になる材料を封入していきます。封入が完了すれば通常通りインプラントを埋入します。 通常のインプラントオペに一手間加えるだけですので、患者負担は少ない方法です。

サイナスリフト

上顎洞までの骨の距離が極端に少ない場合(5mm以下)、上顎洞の横の骨に穴を空けて、骨を作る為の材料を入れていきます。 ソケットリフトより一度に大量の材料を入れることが出来るため、多くの骨を作る事ができます。 6か月経過し、骨が再生した事を確認した後、インプラントを埋入しますので、2回に分けてオペをする事になります。 ソケットリフトより患者負担は大きく、腫れ、痛みを生じやすい方法になります。

実例

以下に、実際の症例を示します。

上顎洞までの距離はわずか2mmしかありません。 これではインプラントは出来ません。

下図のように上顎洞に骨になる材用を封入しました。

6か月経過後、再生した骨にインプラントを埋入しました。

その後、インプラントの上に被せ物をセットしました

次回は引き続き「垂直的GBR法、ショートインプラント」についてお話しさせて頂きます。

 コラムニスト紹介

かみなか歯科 理事長  上中 茂晴 


大阪で10年間勤務し最先端の技術を学び、郊外でも最新の治療を提供すべく地域密着型の治療を提供しています。
● 拡大鏡、歯科用顕微鏡を用いて7倍から20倍に拡大した視野のなか行う精密治療
● CTも用いた3次元診断
● 歯科麻酔医による全身管理の元、安全に行う外科処置
の3つの特徴を軸に安心、安全な治療を提供しております。
また、歯周病で失われた骨を再生させる再生療法にも力を入れており、歯の温存に努めております。

【経歴・資格・所属学会】
広島大学付属高等学校、広島大学歯学部卒業
医療法人小室会小室歯科難波診療所 入職。 医長、矯正長、副院長を歴任。
2015年10月にかみなか歯科開院。

■所属学会
国際口腔インプラント学会
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
臨床歯周病学会
日本顎咬合学会

■講習会
JIADS ぺリオアドバンスコース(歯周病・インプラント・再生療法)
5-D Japan アドバンスコース (歯周病・歯内療法・歯牙移植・審美・インプラント・再生療法)
GPOレギュラーコース(矯正)

column/button_type2_c column/button_type2_b column/button_type2_a

 関連記事

column/btn_column_page
トップ