腸内環境を整えて自然と痩せ体質になる4つの食品


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,969件掲載中! (2021年09月27日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 腸内環境を整えて自然と痩せ体質になる4つの食品

2021/03/03

腸の中には太る菌と痩せる菌があって、太る菌の増加速度は非常に早いです。

例えば、食物繊維が多く、脂肪が少ない食生活を送る南アフリカの人達に、低食物繊維・高脂肪な、いわゆるファストフードに近い食事を2週間続けてもらいました。すると腸の中では、痩せる菌は消え、太る菌だらけになったそうです。また、別の研究では、ファストフードを食べ始めてからたったの2日で、腸内細菌の約40%が消滅したという報告もあります。

昔から「美容や健康には腸が大事」と言われてきましたが、ファーストフードや、買ってすぐ食べられるパッケージフードが溢れる現代社会。食品添加物や身体に悪い油のせいで、私たちの腸内環境は乱れています。だからこそ、痩せ体質を作るために「腸内環境を整える食品」が不可欠なんです!

食物繊維

ダイエットを考えたとき、多くの方が「カロリー計算」を行うと思います。 ですが、やってみてどうでしたか? いつもカロリー表示があるものばかり食べている訳ではないし、毎日、何ヶ月も続けるのは大変じゃありませんか?

そんなあなたを助けてくれるのが「食物繊維」です!

米国内科学会は、メタボリックシンドロームの成人240名を対象に、2つのダイエット法を比較しました。1つは、カロリーや三大栄養素の配分、どんな食材を選ぶかなどを細かく設定した、アメリカ心臓協会推奨のダイエット法。もう一つは、食物繊維を増やすだけのシンプルなダイエット法でした。

1年間の体重の変化を比較すると、どちらも平均して2kg程度の減量に成功し、結果に極端な差は出ませんでした。つまり、細かいカロリー計算に頭を悩ませなくても、食物繊維をしっかり摂るようにするだけでも、十分減量できるということです!

食物繊維が豊富な食材で、イチオシなのは「キャベツ」です。キャベツには食物繊維に加え、善玉菌の定番である乳酸菌が葉の表面に多く付着しているので、ダブルで腸内環境を整えてくれるんですね。また、生のままでも食べられるので、野菜を増やす最初のステップとしてはオススメです。

美容と健康に不可欠な食物繊維ですが、平成30年国民健康・栄養調査によると、一日の摂取平均は14g程度。国が定める目標量に対し、5g程不足しています。千切りキャベツ100g(およそ両手一杯分)で2gの食物繊維が摂れるので、カット野菜などを活用しながら、徐々に野菜を増やしてみてはいかがでしょう?

オリゴ糖

オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌など、一般的に「善玉菌」と呼ばれる腸内細菌のエサになって、菌を増やす効果があります。特定保健用食品として認められているので、名前くらいは耳にしたことがあるかもしれませんね。

「糖」というだけあって、味は甘く、お砂糖の代替え品として用いられることも多いです。甘いものは体脂肪に変わりやすいように思えますが、オリゴ糖は内臓から出る消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸に届きます。このため、糖質として体のエネルギーになりにくく、善玉菌が住む大腸まで届くので、脂肪が増える心配をしなくていいんですね。

食材なら玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、バナナなどがオススメです。特定保健用食品としてシロップのような形状で売られていますが、こちらは摂り過ぎるとお腹が緩くなるので、砂糖の代わりに使う際は、使用量に注意してくださいね。

発酵食品

最初にお話しした通り、現代の食生活では腸内環境が荒れている人がとても多いです。悪玉菌の数が多いのはもちろん、菌のエサが少ないため、善玉菌も悪玉菌もお腹がペコペコです。そんな状態では、菌はそのまま餓死してしまいそうですが…

実はエサがないと「腸の壁」を食べ始めるんです!

その結果、腸に小さな穴がいくつも空き、体に入ってはいけない雑菌や毒素が侵入します。これがアレルギーや風邪などの体調不良を引き起こしてしまうんですね。もちろん、腸が内側からボロボロになれば、栄養の吸収も十分にできず、悪玉菌が増え続け、太りやすい体質を作ってしまいます。

そんなボロボロになった腸のバリア機能を回復させてくれるのが、発酵食品です。

BMI25以上の肥満体型の方が4〜8週キムチを食べたところ、体脂肪や血圧が改善したというデータもあるくらい。まさに腸内環境の救世主ですね!

一口に発酵食品と言っても、キムチ、ぬか漬け、ザワークラウト、納豆、味噌、ヨーグルトと様々ありますよね。これらは、それぞれ違った種類の菌を含んでいます。

毎日同じものを食べるよりも、ローテーションにすることで善玉菌の「数」と「種類」を増やし、痩せやすく、元気な身体を作っていきましょう!

オメガ3脂肪酸

魚に含まれるEPAやDHA、亜麻仁油、くるみなどのナッツ類に多く含まれることで有名な、身体に良い油を指します。

細胞膜の動きを高める働きがあり、栄養素やホルモンの吸収率を高めてくれるので、荒れた腸内環境の回復にうってつけです。また、食事や運動の習慣改善と組み合わせることで、内臓脂肪を減らしやすくしたり、食欲を抑える効果もあります。

サプリを活用する方も多いですが、オメガ3脂肪酸はとても酸化が激しい成分です。サプリでは逆に体に害が出たり、フィッシュオイルでアレルギー症状が出るケースもあります。身体を良い状態に保つためにも、まずは週に最低200g以上のお魚を食べることから始めてみてはいかがでしょう?

脂肪酸とその他の栄養のバランスが優秀なのはサーモン、タラ、サバです。特にサバは缶詰で手軽に食べられるのでオススメですよ。

 コラムニスト紹介

  編集部 


ファミリードクターとは、広島県に特化した病院情報やクチコミ情報など配信する病院クチコミ検索サイトです。
まずは、あなたの住む近隣で、病院を探してみてください。

【経歴・資格・所属学会】

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ