広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,953件掲載中! (2022年08月10日現在)

エアコンを上手に使って熱中症予防を

2022/07/29

今年は梅雨が短く連日の猛暑が続いていますがエアコンを使いすぎると電気代が気になるという方は多いのではないでしょうか。

室内でも熱中症になる可能性がある季節、エアコンの設定温度を下げるだけでなく上手に使って快適な室内で過ごしましょう。

今回はエアコンを上手に使えるちょっとした工夫とチェックポイントをご紹介します。

エアコン室外機周りのチェック

室外機の周りに物などでうまっていないか

室外機の周りに物が多い状態ですと室外機に熱がこもりやすくなり放熱効率が落ちたり放熱不良になったりします。室外機の周りはなるべく物を置かないでスペースを空けて空けておくことが好ましいです。

室外機の裏側には空気を吸い込むための吸気口があるために、裏側にも物を置かないように気をつけましょう

室外機に太陽が当たりすぎていないか

室外機に日の光が強く当たる状態が続くと熱がこもり放熱効率が悪くなります。

強い日差しに当たるようでしたら室外機カバーを取り付け日除けとすることで効率が良くなります。また、室外機の経年劣化防止も期待がもてます。室外機カバーの代わりに日照りに強い植物(フェアリースター、サンクエール等)のプランターなどを置き日除けとすることでも室外機に熱がこもることを防げます。

室外機の裏側が汚れていないか

室外機の裏側にはフィンと呼ばれるラジエーター部分があり、そこに汚れが詰まっている場合、表面熱伝導率が低下してしまいます。この状態でエアコンを稼働させると稼働効率が落ち、電力消費量が増加します。

室外機のフィンに埃やチリなどの汚れがつまっている場合は室内機のコンセントを抜くかブレーカーを落としたのちに室外機のフィンに水を掛けるなどして汚れを落としてください。その後は水をかけた室外機が完全に乾いた状態になってから室内機のコンセントを入れてください。

エアコンによっては室内機のコンセントから室外機への給電ではなく、別のコンセントからの給電の可能性もありますので判断がつかないようでしたら業者さんに依頼して掃除をしてもらうことをお勧めします。

室内機のフィルターやフィンの清掃

フィルターに埃などの汚れが詰まっていると冷房効果や風量が落ち熱交換の効率が悪くなります。エアコンを稼働させる前にはフィルターの掃除をすることが好ましいです。特に長年放置して使われいないエアコンの内部は埃やカビが多く注意が必要です。

最近ではフィルターを自動で掃除するエアコンを使われている方もいらっしゃいますが清掃のために排出ホースが目詰まりしていると機能しなくなる場合もあるので使用前には点検をしてから使うようにしましょう。

また、フィンの部分にカビのようなものを見つけた場合は業者さんに依頼をしエアコン内部を分解・高圧洗浄してください。市販で販売されているエアコンの洗浄スプレーもありますが、使い方によっては汚れをフィンの奥などに押しやるだけになるので使用される際は注意が必要です。

エアコン内部のカビには注意
エアコン内部のカビが原因で嫌な臭いがしたり、粘膜の弱い方は目ヤニが増えたり喉の痛みや咳、鼻血が出たりもします。お子さんやご自身に喉の痛みや咳などの症状が続く場合はエアコンのチェックもしてみましょう。

28度は「設定温度」ではなく「室温設定」

世間の多くでは、エアコンの設定温度を28度にしましょうと言っておりますが、室温設定28度の間違いです。

しかし、室温設定を28度とした場合でも室内によっては天井部分と足元では温度差もあり、エアコンの風が当たらないところでは室温にもムラがあります。

部屋全体を冷やすためにエアコンの設定温度を下げて対応するのでは温度が下がりやすい箇所との差が開くばかりで、エアコンによる冷え性に悩むこともあります。その際はサーキュレーターなどで適度に風を感じられるようにすることで、設定温度を変えることなく快適に過ごすことができるでしょう。

また、蛍光灯などを白熱球からLEDに変更することで輻射熱が減るため節電にもなり、冷房効率も上がります。
ダイキン工業の公式ページでも記載しているので、是非一度見て実施してみてください。

  • 「2週間に1度はフィルターを掃除をしましょう」
  • 「室外機のまわりに物を置かないように」
  • 「夏の日中に30分程度外出する程度であればつけっぱなしのほうが節電に」
  • 「風をつくって体感温度を下げましょう」
  • 「カーテンや断熱材を使って太陽の熱を室内に入れないようさえぎりましょう」
  • 「室内といえど水分補給はこまめに」
  • 「エアコンと扇風機やサーキュレーターを併用しましょう」

限られた資源の中、節電はたしかに重要です。
しかし、電気代を気にしすぎて、熱中症にかかってしまい病院に行くと結果として高くつきますし、入院で済めばましですが、最悪の場合、命にかかわります。

ちょっとした工夫と意識でこの夏を快適に過ごしましょう。

  • ananカラダにいいもの大賞受賞!今注目の温活【アルポカ】ヒートスムージー
  • 薬剤師に相談して購入できるオーダーメイド漢方「YOJO」

 コラムニスト紹介

  ファミリードクター事業部 


ファミリードクターとは、広島県に特化した病院情報やコラムなどを配信するメディアサイトです。
まずは、あなたの住む近隣で、病院を探してみてください。

【経歴・資格・所属学会】

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ