広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,954件掲載中! (2022年11月25日現在)

伝染性単核球症 | 症状から調べる | ファミリードクター

伝染性単核球症

主にEpstein-Barrウイルス(EBウイルス)の初感染によって起こる発熱やリンパ節腫脹などを症状とする急性感染症です。思春期から若年青年層に好発します。

伝染性単核球症の原因

主にEBウイルスに感染したことで発症します。EBウイルスはヘルペスウイルスの仲間に属し、大部分の人が一生の間にEBウイルスに感染します。キスや回し飲み、食べ物の口移しなど、主に唾液を介してEBウイルスの感染は広がっていきます。乳幼児期に初感染を受けた場合は症状が出ないこと(不顕性感染)が多いのですが、思春期以降に感染した場合には伝染性単核球症を発症することが多く、kissing diseaseとも呼ばれています。サイトメガロウイルス、ヒト免疫不全ウイルス、トキソプラズマ原虫なども原因となり、類似した症状を示すことがあります。

伝染性単核球症の症状

約4~6週間の長い潜伏期を経て、発熱、咽頭炎、扁桃炎、リンパ節腫脹、倦怠感、肝機能異常などが起こります。ほとんどの場合、2~3週間で自然軽快しますが、倦怠感などが数ケ月にわたって続く場合もあります。また、稀ですが重篤な合併症として、脾臓破裂や脳炎などがあります。

伝染性単核球症の検査・診断

血液検査で白血球数が通常増加し、リンパ球と異型リンパ球の増加が特徴的です。また、多くの場合で肝機能異常が認められます。

診断は、発熱・咽頭痛・リンパ節腫脹などの症状や血液像(異型リンパ球の増加)に、EBウイルス(あるいはサイトメガロウイルスなど)の血清抗体価の結果などを加えて、総合的に行います。

伝染性単核球症の治療

特異的な治療法がないので、解熱鎮痛剤などによる対症療法が行われます。EBウイルスはウイルスなので、細菌をやっつけるための抗生物質は効果がありません。通常は数週間で自然に軽快するので、水分をしっかり取って、ゆっくり休むことが大事です。

生活上の注意

自然に治ることが多い伝染性単核球症は比較的予後が良く、再発する心配もほとんどありません。発熱や咽頭炎などの症状が良くなれば、通常の生活に戻ることができます。ただし、症状が治まっていても、脾臓が腫大している場合には、腹部に衝撃や圧力が加わると破裂することが稀にあるため、力仕事や激しいスポーツの可否については主治医の指示に従ってください。

この記事の監修

のだ内科ファミリークリニック 院長野田 昌昭

2018年3月に西区井口明神で「のだ内科ファミリークリニック」を開院させていただきました院長の野田昌昭と申します。
広島大学医学部を卒業後、内科・血液内科を中心に長年数多くの診療に携わってきた経験を生かし、お子さまからご年配の方までご家族で気軽に訪れて、何でも相談できる明るいクリニックを目指したいと考えております。地域のみなさまの健康をサポートする、頼れる「かかりつけ医」となれるよう努力研鑽してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【経歴・資格・所属学会】

【経歴】
昭和58年 広島大学附属高校卒業
平成元年 広島大学医学部卒業
平成8年 広島大学原医研血液内科大学院修了
平成8年 国立大竹病院 内科医師
平成10年 広島大学原医研血液内科 助手
平成10年 米国ウィスコンシン州Blood Research Institute留学
平成12年 国立大竹病院 内科医師
平成15年 社会保険広島市民病院 健康管理センター副部長
平成17年 広島市立広島市民病院 内科部長
平成25年 広島市立広島市民病院 血液内科主任部長
平成29年 草津病院 内科医師
平成30年3月 のだ内科ファミリークリニック開院

【資格】
医学博士
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本感染症学会専門医
日本内科学会中国支部評議員
日本血液学会中国四国支部評議員
日本医師会認定産業医
身体障害者福祉法指定医「免疫機能障害」
広島県もの忘れ・認知症相談医(オレンジドクター)
広島県がんよろず相談医

【所属学会】
日本内科学会
日本血液学会
日本感染症学会

掲載情報について

本サービスは情報提供サービスであり、本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする方は、必ず医療機関や医師にご相談の上、専門的な診断を受けるようにしてください。
本サービスで提供する情報の正確性について適正であることに努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
※掲載情報には自由診療の内容が含まれている場合がございます。費用等については、直接医療機関にお問い合わせください。

トップ