広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,954件掲載中! (2022年11月25日現在)

胃潰瘍 | 症状から調べる | ファミリードクター

胃潰瘍

胃潰瘍とは、胃壁を守る粘液と胃液(胃酸)のバランスが崩れ、胃の粘膜が爛れて胃の壁に一定の深さ以上の傷が付いている状態のことを言います。

胃では食べ物の消化や細菌を殺菌するために強い酸性の胃酸や消化酵素が分泌されており、それらに胃が傷付けられないよう胃粘膜に守られています。しかし、粘液の不足や血流の減少、胃酸の量が多くなってバランスが崩れると胃粘膜が消化されてしまい、胃に炎症が起きてしまいます。

胃の炎症を繰り返すと胃粘膜の一部が欠損し、傷が浅い場合は「びらん」、傷が深くなると「潰瘍」と呼ばれます。

原因

胃潰瘍は、胃粘膜を弱らせるピロリ菌や非ステロイド性の解熱鎮痛剤(NSAIDs)の副作用、ストレスが原因です。胃がんが原因の場合もあります。

強い酸性の胃酸胃の中でも生きることができるピロリ菌によって発症することが多く、幼少時に汚染された水や食物の摂取することが完成経路になります。ピロリ菌については慢性胃炎の項を参照してください。ピロリ菌は除菌しなければ胃の中で生き続けますが、必ず胃潰瘍を発症するという訳ではなく、発症しない場合もあります。

胃酸の量や消化管は、自律神経によって機能しているためストレスの影響を受けやすく、ストレスを受けると胃酸が多く分泌される傾向があります。
胃酸が多く分泌されると胃粘膜とのバランスが崩れて胃粘膜が消化され、胃潰瘍を引き起こし易くなります。

症状

胃潰瘍の主な症状は、鳩尾から左脇腹にかけての痛みや、長時間の不快感です。
胃潰瘍によって胃の蠕動運動が正常にできないと、ゲップや胸焼け、吐き気、腹部膨満感、食欲不振等の症状が現れます。
症状が進行して胃の血管を傷つけると出血が起こり、真っ黒な便や吐血などの症状が出ることがあります。出血の量によっては貧血や立ち眩み、動機、息切れ等の症状を伴うこともあります。この場合は緊急入院が必要となることが多いです。

潰瘍が深く胃の壁が穿孔すると、腹腔内へ胃内容物が漏出して腹膜炎を起こし、強烈な腹痛が生じます。
また、胃がんによる潰瘍でも同じような症状が現れるため、異変に気が付いたら速やかに検査しましょう。

予防と治療

胃潰瘍の予防

胃潰瘍の主な原因はピロリ菌のため、ピロリ菌を除菌することが予防となります。
ピロリ菌を除菌することで治療を終了できることが多いのですが、症状がないからと自己判断で薬の服用を止めてしまうと除菌が成功しません。
また、解熱鎮痛剤(NSAIDs)の副作用で胃潰瘍になることもあるため、乱用しないように気を付けましょう。

胃潰瘍の治療

出血が見られない場合は、胃酸の分泌を抑える薬や胃酸を中和する薬、粘膜を保護する薬等の薬物治療が行われます。
しかし、症状が無くなったからと自己判断で薬を止めてしまうと再発して潰瘍を悪化させる危険性があるため、医師の指示に従って薬物治療を続ける必要があります。

NSAIDsの副作用が原因である場合には、痛み止めの中止や変更が検討されます。
ピロリ菌が原因の場合は、胃潰瘍がよくなった後、除菌治療が行われます。
以前は胃潰瘍で手術をすることもありましたが、近年は薬物治療の進歩で手術が必要となることは稀になりました。しかし出血が止まらない場合など手術が必要となる場合もあります。

また良性の胃潰瘍と胃がんは区別が難しいこともあるため、内視鏡検査(胃カメラ)で組織検査を行なったり、定期的に胃潰瘍の痕を観察することもありますので、治ったからと言って通院を自己中断することはやめましょう。

この記事の監修
当院は昭和26年に創立して以来地元に根差した医院です。大きな病院に行くのは抵抗をお持ちでも「ちょっと小田で診てもらってきんさいや〜」と言われ受診される患者さん、診察時に「あんたのちっちゃい頃よぅ知っとるで」と私の記憶にないことまで話をされる患者さん、私が診察室に座っているとこの医院のもつ歴史、皆様からの期待を感じます。
これまでは東京で消化器内科を専門とし内視鏡検査やエコー検査を中心に診療を行ってきました。その経験を活かし最新の経鼻内視鏡(胃カメラ)やエコーを用いて辛くない検査を行い、患者さんにあった医療の提供を目指しています。また高血圧や糖尿病といった生活習慣病、インフルエンザなどの感染症も適切に診療し皆様に信頼されるかかりつけ医でありたいと思います。

【経歴・資格・所属学会】

※経歴
平成19年3月
金沢大学医学部卒業
平成19年4月
三井記念病院
平成21年4月
国立国際医療研究センター
平成25年4月
福島県立医科大学 会津医療センター
平成27年4月
国立国際医療研究センター
平成31年1月
小田内科勤務
令和元年5月
小田内科院長

※学会・専門医
医学博士
日本内科学会:総合内科専門医
日本消化器病学会:消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会:日本消化器内視鏡学会専門医
日本膵臓学会

掲載情報について

本サービスは情報提供サービスであり、本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする方は、必ず医療機関や医師にご相談の上、専門的な診断を受けるようにしてください。
本サービスで提供する情報の正確性について適正であることに努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
※掲載情報には自由診療の内容が含まれている場合がございます。費用等については、直接医療機関にお問い合わせください。

トップ