広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,945件掲載中! (2022年06月24日現在)

エコー(超音波)検査とはどんな検査でしょうか?

2021/06/11

こんにちは。今回は腹部や心臓、甲状腺、頸動脈、乳腺、産婦人科領域、さらには整形外科領域など、多岐にわたって行われるエコー(超音波)検査について、特に腹部エコーについてお話をさせていただきます。

エコー検査とは超音波を使って病気の有無を調べる検査

エコー検査については、人間ドックでされた方や、産婦人科でお腹の赤ちゃんを確認されたことでご存知の方も多いと思います。エコー検査とは、人間の耳には聞こえない超音波を使って体の内部を評価する検査です。この超音波は、肝臓、心臓、腎臓、脾臓などの実質臓器、筋肉、脂肪、血管などの軟部組織ではよく伝わるため、それが臨床に応用されています。エコー装置は多くの医療機関で用いられており、診療科によっては聴診器の代わりにも使用されています。

また、近年は機器の小型化が可能となっており、ポータブルエコー装置も多数発売されています。白衣のポケットに入るポケットサイズのものもあり、往診先や在宅医療で患者さんに医療機関に移動していただかなくとも評価することが可能です。

エコー検査のメリット、デメリット

エコー検査は前述のように、多岐に渡って臓器を調べることが可能な検査です。また、リアルタイムに評価でき、痛みや被曝がなく、お子さんからご高齢の方まで繰り返し可能な、優れた検査になります。通常の検査では造影剤を使用しませんので、腎臓にご不安がある患者さんにも使用できます。

一方、空気(肺など)や骨があると超音波が散乱し、先に届かないため評価が困難になりますし、皮下脂肪が多い方は超音波が届きにくいといった弱点があります。例えば、膵臓に関しては、お腹の中の背中側(奥深い部位)に位置するため、特に膵臓の尾部といった膵臓の端の評価は困難です。

メリット

  1. 腹部や心臓、甲状腺、頸動脈、乳腺など、多くの臓器の評価が可能です。
  2. 放射線を使用するレントゲンやCT検査とは違い、被曝がありません。
  3. 痛み、苦痛がない検査です。
  4. リアルタイムに評価が可能です。

デメリット

  1. 空気や骨があると評価ができないため、苦手な臓器があります:例えば、骨、頭、肺、膵臓(その一部)など
  2. 皮下脂肪の多い方は超音波が届きにくいため、評価が困難なことがあります。一方、CT検査は苦手な臓器が少なく、全ての患者さんの評価ができます。
  3. 検査を行う術者の技量によるところがあります。一方、CT検査は技量によることは少ないです。

お腹のエコー検査について

お腹のエコー検査とは、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱などを調べる検査で、各臓器のポリープやがん、炎症、胆嚢や腎臓などの石を確認します。お腹のエコー検査に関しては、食事によってガス(空気)が発生し観察しにくくなったり、胆嚢が収縮し評価が困難になってしまいますので、絶食で受けていただくことが一般的です。その他、見えやすい・見えにくいなどの個人差がありますが、腸炎や虫垂炎の評価を行ったりすることも可能です。

ポリープや初期のがんを見つけることは困難ですが、胃や小腸・大腸の腫瘍が確認できることもあります。

さらに、2003年より、エラストグラフィといった硬さを評価できる機能がごく一部のエコー装置に備わって以降、全ての装置ではありませんが、近年その機能がエコー装置に備わってきています。例えばウイルス性肝炎や脂肪肝など、肝臓の炎症が続くと線維化といって肝臓が硬くなり、さらには肝硬変となり、肝臓がんのリスクも上がりますが、その硬さの評価がエコー検査と同時に可能です。現在の硬さの評価を行い、必要時に治療を行うことで、肝臓の線維化を予防でき、それが肝硬変や肝臓がんの予防につながりますので、非常に有用です。

まとめ

以上、エコー検査についてご紹介させていただきました。エコー検査は多くの臓器に対して、リアルタイムに評価でき、痛みや被曝がなく、お子さんからご高齢の方まで可能な、優れた検査ではあります。一方、弱点(デメリット)もありますが、我々はそれを天秤にかけつつ検査を選択していますのでご安心して検査を受けていただけたらと思います。

 コラムニスト紹介

おんじ内科クリニック 院長  蔭地 啓市 


はじめまして。
このたび、JR海田市駅の近くの大正町におんじ内科クリニックを開院させて頂くこととなりました。勤務医では一般内科、胃・大腸内視鏡検査、超音波検査、消化器内科を診療し、広島大学病院では消化器内科領域、特に内視鏡検査や治療、超音波検査の臨床研究に携わっておりました。当内科クリニックでは、患者さんの精神的、肉体的に負担の少ない内視鏡検査を行い、がんや大腸ポリープの早期発見や早期治療に心がけていきます。また、東広島、呉市での地域医療の経験を生かし、一般内科や高血圧をはじめ脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の改善にも取り組んでまいります。
地域の皆様のかかりつけ医として身体の不調や健康面のことなどお気軽にご相談ください。

【経歴・資格・所属学会】
略歴:
1995年(H7)  英数学館高校 卒業
2002年(H14) 福岡大学医学部 卒業
2002年(H14) 広島大学医学部付属病院 内科
2004年(H16) 東広島医療センター 消化器科
2007年(H19) 広島大学病院 消化器・代謝内科
2008年(H20) 広島大学 大学院 
2012年(H24) 呉市医師会病院 内科主任医長
2017年(H29) 同院 内科部長

専門医資格:
医学博士 (学位:大腸癌の診断について;拡大内視鏡診断、超音波診断)
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本肝臓学会 専門医
日本消化管学会 専門医、指導医

column/button_type2_c

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ