貧血について


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,006件掲載中! (2020年10月22日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 貧血について

2020/10/08

疲れが取れにくい、坂道を歩くと息切れ・動悸が起こりやすいなどの症状はありませんか?それはもしかしたら貧血が原因かもしれません。

貧血とは?

貧血とは、血液中の赤血球の中にあるヘモグロビンの濃度が低くなった状態を指します。ヘモグロビンは酸素とくっつくことで、酸素を体のすみずみまで運ぶ重要な役割を果たしているタンパク質です。貧血になると体内の酸素が不足するために、疲労感、倦怠感、息切れ、めまい、頭痛、動悸などの症状が起こります。WHOの基準では、血液検査によるヘモグロビン値が、成人男性では13g/dL(グラム・パー・デシリットル)未満、成人女性では12g/dL未満の場合が貧血と定義されています。なお、朝礼などで立ちくらみを起こすと「貧血で倒れた」とよく言いますが、こちらは一時的に脳の血液量が減少した脳貧血という状態であり、赤血球の異常である貧血とは異なりますので、ご注意ください。

貧血の原因はさまざまですが、今回は最も高頻度である鉄欠乏性貧血についてお話します。

鉄欠乏性貧血とは?

さきほど赤血球細胞内の重要なタンパク質であるヘモグロビンのことを説明しましたが、ヘモグロビンの生成に不可欠な原料となるのが鉄です。そのため、体内の鉄が不足するとヘモグロビンが減少し、酸素を十分に運べなくなります。その状態が鉄欠乏性貧血です。

鉄不足になる原因は次の4つに分けられます。

  1. 鉄の摂取不足
    極端な偏食や無理なダイエットがもとで鉄不足になることがあります。
  2. 鉄の吸収障害
    鉄は主に十二指腸で吸収されますが、消化管に何らかの異常があってうまく吸収できないことがまれにあります。
  3. 鉄の喪失
    出血が原因で鉄分が失われ、食事からの補給が追いつかない場合です。例えば、月経過多(子宮筋腫、子宮内膜症など)や消化管出血(胃潰瘍、胃がん、大腸がん、大腸ポリープなど)です。激しいスポーツで引き起こされることもあります。
  4. 鉄の需要増加
    成長期や妊娠時などは普段よりもたくさんの鉄が必要になります。そのため普通の食生活をしていても鉄不足になることがあります。

診断と治療は?

血液検査で血液中の赤血球数・ヘモグロビン・血清鉄などを調べることで診断がつきます。体内に貯蔵されている鉄の量を測る指標となる血清フェリチンの測定をすることも大事なポイントです。診断は血液検査で比較的簡単につきますが、重要なことは鉄不足をきたした背景を探ることです。女性で慢性的な経過をたどる場合は、月経出血量の多さによることがほとんどですが、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患の可能性もあるので、婦人科診察が望ましいと考えます。また、閉経後の女性や成人男性の場合、消化管出血をきたす病気、例えば胃がんや大腸がんの発見のきっかけとなることがあります。

治療は原則鉄剤の経口投与(飲み薬による治療)を行います。注射による治療もありますが、過敏反応や鉄過剰などのリスクもありますので、内服ができない方や急速に鉄の補充が必要な方にのみ用います。鉄剤内服による副作用として、悪心(むかつき・吐き気)、嘔吐、便秘、下痢などの消化器症状が10~20%の患者さんに出現することがあります。この消化器症状は徐々に軽減することが多いのですが、症状が強い場合は鉄剤を変更することや減量するなど対処する方法はいろいろありますので、勝手に自己中断などはせず、必ず主治医に相談してください。

最後に、症状がなくても健康診断などで貧血を指摘された方は、隠れた重大な病気を見逃さないためにも、必ず一度は医療機関を受診してください。

 コラムニスト紹介

のだ内科ファミリークリニック 院長  野田 昌昭 


2018年3月に西区井口明神で「のだ内科ファミリークリニック」を開院させていただきました院長の野田昌昭と申します。
広島大学医学部を卒業後、内科・血液内科を中心に長年数多くの診療に携わってきた経験を生かし、お子さまからご年配の方までご家族で気軽に訪れて、何でも相談できる明るいクリニックを目指したいと考えております。地域のみなさまの健康をサポートする、頼れる「かかりつけ医」となれるよう努力研鑽してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【経歴・資格・所属学会】
【経歴】
昭和58年 広島大学附属高校卒業
平成元年 広島大学医学部卒業
平成8年 広島大学原医研血液内科大学院修了
平成8年 国立大竹病院 内科医師
平成10年 広島大学原医研血液内科 助手
平成10年 米国ウィスコンシン州Blood Research Institute留学
平成12年 国立大竹病院 内科医師
平成15年 社会保険広島市民病院 健康管理センター副部長
平成17年 広島市立広島市民病院 内科部長
平成25年 広島市立広島市民病院 血液内科主任部長
平成29年 草津病院 内科医師
平成30年3月 のだ内科ファミリークリニック開院

【資格】
医学博士
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本感染症学会専門医
日本内科学会中国支部評議員
日本血液学会中国四国支部評議員
日本医師会認定産業医
身体障害者福祉法指定医「免疫機能障害」
広島県もの忘れ・認知症相談医(オレンジドクター)
広島県がんよろず相談医

【所属学会】
日本内科学会
日本血液学会
日本感染症学会

column/button_type2_c column/button_type2_b column/button_type2_a

 ランダム記事

column/btn_column_page
トップ