突然音が聞こえにくい、耳が塞がるなどの症状がでたら・・・


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,008件掲載中! (2019年09月18日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 突然音が聞こえにくい、耳が塞がるなどの症状がでたら・・・

2019/09/10

その症状はもしかしたら突発性難聴かもしれません



音は外耳→中耳→内耳・聴神経と伝わります。
この経路のどこかで障害があれば難聴が出現します。



難聴は伝音性難聴と感音性難聴に分類されます。外耳や中耳の問題で生じる難聴が伝音性難聴で耳垢、鼓膜穿孔、中耳炎などが代表例です。内耳・聴神経の問題で生じる難聴が感音性難聴で突発性難聴、メニエール病、加齢に伴う難聴などが代表例です。

原因不明の難聴

急に生じた感音性難聴のうち、原因がはっきりとわからない病気を突発性難聴といいます。つまり、突発性難聴は原因不明の難聴(血流障害やウィルス感染などが考えられています)です。

ストレスや過労、睡眠不足が誘因になりやすいと言われています。2001年の調査では、年間患者数35000人(人口100万人に対して275.0人)で男女差はありません。一般的には30-50歳に多いとされていますが小児で発症することもあります。

症後した難聴症状は、完治する患者さんが約1/3、ある程度回復する患者さんが約1/3、回復しない患者さんが約1/3と言われています。治療で難聴が改善しても、耳鳴りなどの後遺症が残ることもあります。

症状の特徴

症状の特徴としては左右どちらか(ごくまれに両耳)の聴力が突然低下します。耳鳴りも同時に生じることが多く、3-4割の方はめまい症状も伴います。聴力がどの程度低下するかは個人差があり、全く聞こえなくなる方もいれば耳が少しふさがった程度の症状しかでない方もいます。そのため耳鼻咽喉科での検査(聴力検査など)が必要です。

主な治療法

主な治療は薬物療法です。循環改善薬(血の巡りを良くする薬)、ビタミン剤や代謝賦活薬(耳の細胞を元気にする薬)、ステロイド(炎症を取り除く薬)などを組み合わせて治療します。難聴が高度な方やめまい症状が強い方は入院が必要になることもあります。

薬物用法と併用することで治療効果があがる可能性のある治療法として高圧酸素療法と星状神経節ブロックがあります。高圧酸素療法は高い気圧環境の中で高濃度の酸素を吸入することで呼吸の10-20倍の酸素を体内に取り込む治療です。星状神経節ブロックは頚部にある交感神経節に局所麻酔薬を注射することで血流を改善する治療です。注射に抵抗のある方はレーザーで侵襲なく行うこともできます。それぞれ出来る施設が限られているのと、どの治療を選択するかは個人によって違いますので主治医とよく相談しましょう。

最後に

治療開始が遅れると聴力が改善しにくくなります。耳がふさがった程度の症状では、すぐ受診せずに様子をみてしまい、治療開始が遅くなってしまうケースも多々あります。症状が出現したら速やかに(症状出現から数日以内が望ましい)近くの耳鼻咽喉科を受診してください。

 コラムニスト紹介

うした耳鼻咽喉科クリニック 院長  片桐 佳明 


地域の皆様に信頼していただけるクリニックを目指し平成30年10月に開院しました。
当院では患者さんの苦痛・不安をよく聞いて、病状や治療方法を丁寧に説明し、治療を進めていくことを大切にしています。
また、必要であれば近隣もしくはご希望の総合病院などにご紹介させていただきます。
めまい、いびき、睡眠時無呼吸、耳、鼻、のどに関するお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

【経歴・資格・所属学会】
※経歴
平成18年3月
東京医科大学医学部医学科卒業
平成18年4月
県立広島病院
平成25年7月
広島大学医学部附属病院
平成27年6月
JA尾道総合病院
平成30年4月
堀病院
平成30年10月
うした耳鼻咽喉科クリニック開院

※資格
医学博士
日本耳鼻咽喉科学会 専門医
身体障害者福祉法指定医師
日本めまい平衡医学会 めまい相談医

※所属学会
日本耳鼻咽喉科学会
日本めまい平衡医学会

column/button_type2_b column/button_type2_a

 関連記事

column/btn_column_page
トップ