古代から受け継がれる「黄金の雫」が、カラダを癒す!


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,011件掲載中! (2019年12月08日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 古代から受け継がれる「黄金の雫」が、カラダを癒す!

2019/11/25

古代エジプト文明でも、古代ローマ帝国でも。オリーブオイルはまさに「黄金の雫」!

オリーブオイルは人類の歴史を語る上で、欠かせない油の一つです。食用ばかりではなく、色々な事に使われてきました。例えば古代ローマ帝国を始め、地中海沿岸諸国では昔から、薬用として用いられてきました。

今回はそんなオリーブオイルのことをお話しします。


健康や美容に期待するのならば、鮮度が高く酸度の低い「エキストラバージンオリーブオイル」がお勧め。

IOCによる国際商取引基準:酸度0.8%以下

オリーブオイルには、国際オリーブ協会(以下IOC)によって定められた基準があり、最高品質とされる「エキストラバージンオリーブオイル」は、圧搾濾過したもので、酸度が0.8以下、風味・香りが完璧なものと定められています。 オリーブの果実そのものが持つ、芳醇な風味と香りを十分に味わうことが出来るのが、この「エキストラバージンオリーブオイル」です。

基本的な成分「オレイン酸」とは?

オレイン酸の一価不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールは下げません。ここにオリーブオイルの大きな特徴があります。つまりオリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は体に良い植物油といえます。

オリーブオイルはオリーブの果実そのものを搾り、油分を分離させてつくられたもの。いわばオリーブのフレッシュジュースのようなものです。

良質な「エキストラバージンオリーブオイル」を選ぶための3つのポイント

選び方1 遮光性の高いボトルを選ぶ

オリーブオイルはとても繊細で光に弱く、蛍光灯の光でも酸化が進んでしまうと言われています。選ぶなら、グリーンやブルーなどの濃い色の遮光ボトルに入ったものをお勧めします。

選び方2 酸度をチェック

酸度0.8%以下のものが、エキストラバージンオリーブオイルです。酸度を意味するAcidia、Acidity Acid Value と表記されていることもあります。数値が低いほど鮮度が良いことを示します。

選び方3 価格を確認

エキストラバージンオリーブオイルは大変手間のかかる希少なものです。そのため価格が高めになりがちです。極端に安価な商品には十分に注意しましょう。

オリーブオイルの主な5つのパワー

※効果は個人の感想(実感)であり、絶対的な効果・効能を示すものではありません。

1.抗酸化作用

オリーブに多く含まれるオレイン酸には抗酸化作用があり、活性酸素の攻撃を抑制してくれます。そのため、若返り効果や、がんや生活習慣病を予防する働きが期待されます。また、皮膚を柔軟にすることでシワの予防になり、保湿成分も多いため美肌にも繋がります。

2.動脈硬化の予防

オレイン酸には、善玉コレステロールは減らさずに、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、コレステロール値を抑えて、生活習慣病の予防に繋がります。

3.心筋梗塞や脳卒中などの予防

オリーブオイルの成分は血液をサラサラにしてくれるので、血管の老化をストップし動脈硬化・心筋梗塞の予防などさまざまな生活習慣病の対策に良いとされています。

4.腸内環境の改善

腸を刺激して蠕動運動を活発にしてくれるので、排便が促され、お通じが良くなったり、潤滑油の役割を果たして腸内での便の通りが良くなり、便秘の解消などに繋がります。

5.口臭予防

オイルプリングと呼ばれる、オイルでうがいをする健康法です。古代インドから伝わる健康法で、オリーブオイルに含まれる成分が歯や舌をコーティングしてくれて、口臭の原因となる菌の増殖を防いでくれるそうです。風邪菌などにも効果的とされています。

ただし、期待できるのは「良質のエキストラバージンオリーブオイル」のみです。

オリーブオイルの賞味期限と保存方法

最適な管理温度は、約15℃〜25℃以下とされています。そのため、冷蔵庫は保管場所に適しません。また、光に弱いため、窓際などに置くことも絶対にNGです。ご家庭では、床下収納や台所の流しの下など、静かな冷暗所で保管するのがオススメです。開封後は、なるべく早めに使用し1〜2ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

 コラムニスト紹介

  ファミリードクター編集部 


ファミリードクターとは、広島県に特化した病院情報やクチコミ情報など配信する病院クチコミ検索サイトです。
まずは、あなたの住む近隣で、病院を探してみてください。

【経歴・資格・所属学会】

 関連記事

column/btn_column_page
トップ