ママ友にも教えたくなる!旬の味わい、「そら豆」パワー!


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,015件掲載中! (2020年07月03日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > ママ友にも教えたくなる!旬の味わい、「そら豆」パワー!

2020/06/12

そら豆には疲労回復や美肌効果などのほか、妊婦さんに必要な栄養の宝庫って知ってました?

そら豆には、食物繊維が豊富で、腸の中を綺麗にし、便通をよくすることでも知られていますね。ところで、葉酸はビタミンBの一種ですが特に妊婦さんに積極的に摂取して欲しい成分でもあります。

そら豆には、なんと100g中250μgもの葉酸を含んでいるので、妊婦さんが一日に摂取したい葉酸の3分の1!妊娠中期からは葉酸が必要となるので、そら豆はオススメです!

しかも、「亜鉛」も含まれているので超ウレシー食材なんです!


◯さらにスゴイよ!「そら豆」パワー!!

マメ科である「そら豆」には、やはりなんといっても植物性タンパク質が豊富に含まれ、野菜でありながらタンパク源にもなるとっても優秀な食材なんですよ。
ビタミンB群、ビタミンC、カリウムなど、おつかれ気味のお父さんにも!疲労回復から、美肌効果まで、「そら豆」でカラダを元気にしませんか!

また、カリウムの他にもマグネシウム、リンなどといったミネラルも多く含まれており、塩分を排泄したり、高血圧にも効果的!
さらにビタミンB1、B2、Cも含まれているので疲労回復、美肌効果にも期待大!
風邪の予防にもいいみたいですよ!

美味しいそら豆は、色鮮やかで、ふっくらと膨らんでいるものがオススメ!

豆の形がしっかりとしていて、ふっくら膨らんでいることも選ぶときのポイントです。

◯新鮮そら豆は、薄皮も美味!

基本は塩茹で!

さやから豆を取り出し、黒い部分の反対側に切り込みを入れます。水1リットルに対して塩大さじ1強くらいを入れて沸騰させ、2~3分ゆでましょう。切り込みの部分からつるっと取り出せます!新鮮なものは薄皮も柔らかいのでそのまま食べられます。

さやごと焼いても美味!

塩ゆで以外のシンプルな食べ方として、さやごと焼く「焼きそら豆」もおすすめです!焦げ目がつくまで約10分程焼きましょう。オーブントースターでも焼けちゃいますよ!


ゆでたそら豆と豆乳で冷たいスープ仕立ても!

茹でたそら豆と豆乳をお好みの分量でミキサーにかけて、ほんの味付けぐらいに素麺出汁を加えて、「お豆の和風豆乳スープ」の出来上がり!コックリとした味わいは、ヤミツキですよ!出汁はコンソメでも美味しかったです!ぜひおためしあれ!


食べ過ぎにはご注意ください!!

旬の美味しい食材ですが、「食べ過ぎ」はやはり健康的ではないので、適度に食してくださいね!

 コラムニスト紹介

  ファミリードクター編集部 


ファミリードクターとは、広島県に特化した病院情報やクチコミ情報など配信する病院クチコミ検索サイトです。
まずは、あなたの住む近隣で、病院を探してみてください。

【経歴・資格・所属学会】

 関連記事

column/btn_column_page
トップ