広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,954件掲載中! (2022年11月25日現在)

脊柱狭窄症 | 症状から調べる | ファミリードクター

脊柱狭窄症

脊柱狭窄症とは、脊柱管がさまざまな原因によって狭くなることです。脊柱管は、背骨にあるトンネル状の構造のもので、中には脳から続く脊髄が通っています。
脊柱狭窄症は脊柱が狭窄している部位により、頚部脊柱管狭窄症、胸部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症、広範脊柱管狭窄症に分けられます。最も発症率が高いのは、腰部脊柱管狭窄症です。特に高齢者に発症率が高く、70歳以上では50%以上が腰部脊柱管狭窄症であるというデータもあります。

脊柱狭窄症の原因

脊柱狭窄症の原因のほとんどは加齢です。加齢によって骨が変形したり、背骨の周りの靱帯が厚くなることで、脊柱管が狭くなり神経を圧迫し発症します。加齢以外にも、生まれつき脊柱管が狭かったり、成長の過程で脊柱管が狭くなるような変化が起こることで発症することもあります。
さらに、椎間板ヘルニアや脊椎すべり症、脊椎側弯症等の、背骨が変形する病気が原因で発症することもあります。

脊柱狭窄症の症状

主な症状は手足の痺れや痛み、つっぱり感、指の細かな動作のしにくさ、歩行困難です。症状が進行するとこれらの症状に加えて、運動障害が悪化するとともに排尿障害等を引き起こすこともあり、日常生活に支障を来たすことも少なくありません。尚、排尿障害とは尿が溜められなかったり、尿が上手く排出できなくなる状態のことです。
排尿障害以外の症状は、左右両側に出ることもあれば、片側だけに出ることもあります。

脊柱狭窄症の治療と予防

脊柱狭窄症の治療

脊柱狭窄症の治療は、保存療法と手術療法のいずれかです。日常生活に障害がなく症状が軽症の場合には保存療法を選択します。一方で、日常生活への支障が大きい場合や、排尿障害が見られる場合は手術療法を検討します。
保存療法では、薬物療法、運動療法、リハビリテーション、神経根ブロック療法等を行います。薬物療法では外用薬の消炎鎮痛剤を、内服薬の鎮痛薬や抗炎症薬、血管拡張剤を使用します。血管拡張剤には、血液の流れを良くする効果が期待できます。
手術療法では全身麻酔のもと、狭窄の原因となっている骨や靱帯の一部を切除します。手術をすることで、神経の圧迫を改善できます。

脊柱狭窄症の予防

脊柱狭窄症は背骨が曲がることで発症します。そのため、日常生活で姿勢を正しく保つことが予防に繋がります。
一方で、脊柱狭窄症を発症した場合には、背筋を伸ばすと症状が悪化することがあるため、無理に姿勢を正すことは避けて下さい。また、足が痺れて転倒し易くなるため、歩行の際には特に注意が必要です。

この記事の監修

のぞみ整形外科クリニック西条 院長貴船 誠二

私たちは整形外科・内科・リハビリテーション科など関連する医師とスタッフが協力し、運動器に関わる疾患の治療を中心に総合的な医療をご提供しています。
当クリニックは、安心と安定した医療を提供できるクリニックであるために日々変化を遂げていきたい、そして怪我や病気の治療だけでなく、予防や疾病後の体との付き合い方についても、みなさまのお力になり、長く寄り添う存在でありたいと考えております。加えて診療時間や駐車場などのアクセスの良さにより利用しやすい環境を整えています。
地域のみなさまが心身の健康を育む場所として、そしてみなさまの最高の笑顔をみたいという思いで精一杯努力して参ります。
いつでもお気軽に最寄りの「のぞみ」にお気軽にご相談ください。

のぞみ整形外科クリニック西条(東広島市西条町助実)
のぞみ整形外科クリニック寺家(東広島市西条町寺家)
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック(広島市南区西蟹屋)
のぞみ整形外科ヒロシマ(広島市佐伯区利松)

【経歴・資格・所属学会】

【経歴】
1996年 愛媛大学 医学部 卒業
1996年 広島大学 整形外科 入局
1996年 中国労災病院
1998年 公立三次中央病院
2000年 JA尾道総合病院
2002年 東広島医療センター
2003年 公立世羅中央病院
2004年 医療法人社団伯瑛会 のぞみ整形外科クリニック
2012年 医療法人社団伯瑛会 のぞみ整形外科クリニック 院長就任

【資格】
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション専門医
日本医師会認定産業医
身体障害者指定医
認知症サポート医

【所属学会】
日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会

掲載情報について

本サービスは情報提供サービスであり、本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする方は、必ず医療機関や医師にご相談の上、専門的な診断を受けるようにしてください。
本サービスで提供する情報の正確性について適正であることに努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
※掲載情報には自由診療の内容が含まれている場合がございます。費用等については、直接医療機関にお問い合わせください。

トップ