広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,954件掲載中! (2022年11月25日現在)

虫アレルギー | 症状から調べる | ファミリードクター

虫アレルギー

虫アレルギーは「虫刺され」として扱われがちですが、蚊や虫に刺された時に起こる痒みもアレルギー反応の一つとされています。

虫によって症状の現れ方は違いますが、赤みや腫れを伴う痒みが共通となる特徴です。虫アレルギーのタイプは「即時型反応」と「遅延型反応」に分類され、アレルギー反応が現れるまでの時間によって分かれます。

虫アレルギーの原因

虫さされは、虫が持つ毒成分や唾液成分が体に注入される時に感じる直接的な痛みと、皮膚の炎症による痛みがあります。虫アレルギーの場合、まずアレルゲンに接触すると体内のリンパ球が抗体を生成します。次に、生成された抗体は肥満細胞に付着し、アレルゲンと結合します。異常を認識した肥満細胞からヒスタミンが放出され、痒みととして出現する構造となっています。

虫アレルギーの症状

虫アレルギーの症状の出方には個人差があります。また、虫の種類により症状も変化します。

虫の種類別:代表的な症状例と生息場所


  • 屋内・屋外を問わず、生息しており、アレルギー反応は即時型と遅延型の両タイプを有する。痒みが現れる時間は個人差があり、刺された場所にピンポイントで腫れと痒みが生じる。稀なケースとして、発熱やリンパの腫れ等全身症状として現れる「蚊刺過敏症」と呼ばれる疾患を引き起こす人も存在する。
  • ノミ
    飼育しているペットに寄生している場合が大半であり、室内飼いでは成虫が潜んでいる可能性もある。刺されて1~2日後に赤い発疹と強い腫れ、水ぶくれ等が現れる。屋外では下半身を集中的に刺されることが多い。
  • イエダニ
    ダニは布団や衣類を好むため、脇腹や下腹部、太ももの内側等にかけ数か所を刺し、痒みも強いことが特徴。野外に生息しているダニは「マダニ」と呼ばれる。吸血液で自身がパンパンに膨らむまで吸いついて離れないダニも存在する。"
  • ブヨ
    高原や山間部の河原等に生息する。朝と夕方に活動的になり、半ズボン下等の肌が露出した部分を刺されることが多い。刺されると痒みや痛みが徐々に広がり、人によっては発疹の中央が赤く盛り上がり、その状態が長期化する特徴がある。

  • 庭の手入れや農作業等、主に野外での活動中に刺されるケースが多い。刺されてすぐに激しい痛みを感じることが特徴。数分で赤く広範囲に腫れあがり痛みが継続する。時にアナフィラキシーショックを生じることもあり、注意が必要である。
  • 毛虫
    毛虫の毛には毒が含まれているが、全ての毛虫に毒がある訳ではない。主に「チャドクガ」と呼ばれる、椿や山茶花に付いている幼虫である毛虫による被害が一般的。毛に触れると、触れた部分一帯に赤い小さな湿疹が広がり、激しい痒みを伴うことが特徴。

虫アレルギーの治療と予防

即時型反応の場合、症状は数十分程度で治まりますが、遅延型反応の場合は症状が治まるまでに数日から1週間ほど要することもあります。治療には、抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏等の塗り薬を処方されますが、症状がひどい場合は内服薬を処方する場合もあります。

屋外での予防対策としては、出来るだけ肌の露出を減らした服装を心掛けることと、虫よけスプレー等を使用することです。屋内では部屋の小まめな掃除でノミやダニを取り除き、清潔さを保つことが大切です。

この記事の監修

はるた呼吸器クリニック 院長春田 吉則

このたび2018年12月、広島平和公園近隣である堺町におきまして新規開院させていただきました、はるた呼吸器クリニック院長の春田吉則と申します。
大学病院勤務時代には、喘息・アレルギー専門外来にて15年余り診療経験を積み、また主たる基礎・臨床研究におきましても喘息研究に専念してまいりました。また医薬連携活動として「アズマネット広島」の事務局として企画、運営させていただいており、広島市薬剤師会および広島大学病院薬剤部の薬剤師の方々と連携し、ぜんそく患者さんのための活動を10年余り携わってきました。
今後もここ広島におきましてアレルギー・呼吸器領域の専門クリニックとして、これまでの経験と連携を活かし、微力ながら地域の方々の健康のため貢献できるよう切磋琢磨して参りたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

【経歴・資格・所属学会】

※略歴
広島大学医学部卒業
中国労災病院・広島大学病院・広島アレルギー呼吸器クリニック八丁堀等で勤務

掲載情報について

本サービスは情報提供サービスであり、本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする方は、必ず医療機関や医師にご相談の上、専門的な診断を受けるようにしてください。
本サービスで提供する情報の正確性について適正であることに努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
※掲載情報には自由診療の内容が含まれている場合がございます。費用等については、直接医療機関にお問い合わせください。

トップ