広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター |
病院・クリニック 3,954件掲載中! (2022年11月25日現在)

単純性疱疹 | 症状から調べる | ファミリードクター

単純性疱疹

単純性疱疹とは、ヘルペスウイルスによって皮膚や粘膜に痛みを伴う水膨れやびらん(ただれ)が表れる感染症のことです。

このウイルスは、一度感染して免疫を獲得したとしても、再発や再感染を繰り返します。大人が発症する単純性疱疹の殆どは再発だとされています。

単純性疱疹の原因

非常に感染力の強いヘルペスウイルスは直接水膨れに触れるだけでなく、ヘルペスウイルスが付着した粘膜や皮膚、タオル等の接触によっても感染することが特徴です。

多くの場合は子供の頃に感染したヘルペスウイルスが神経節に潜伏し、風邪等で抵抗力が落ちた時に再発を繰り返します。
大人になってから初めてヘルペスウイルスに感染した場合は、重傷になり易いと言われています。

単純性疱疹には1型と2型があり、1型は主に口唇ヘルペスを引き起こします。
2型は殆どの場合、性行為で感染し、性器ヘルペスの原因となります。

しかし、1型と2型は共に感染力が強い為、体中のどこにでも感染することも珍しくありません。

単純性疱疹の症状

単純性疱疹の症状は、皮膚や口・唇、目等の違和感や痒みといった自覚症状から表れ、半日程で赤く腫れてきます。その段階ではまた水膨れの症状はなく、この時に素早く治療をすると軽症で済ませることが可能です。

違和感や痒み等の自覚症状が現われてから2日から3日後に小さな水膨れの症状が表れ、免疫を獲得していない場合は高熱といった全身症状が出ることもあります。

しかし、再発した場合には小さな水膨れができる程度の軽症で済むことが一般的です。

単純性疱疹の症状は、2週間ほど経つとかさぶたになり、症状が治まります。

単純性疱疹の治療

基本的にはウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を内服、もしくは点滴を投与し、必要に応じて鎮痛薬や発疹の広がりに応じて外用薬等が用いられます。

水膨れの症状が表れる前の段階での早期に治療を始めることで、軽症で済ませることが可能です。

しかし、抗ウイルス薬の効果はウイルスの遺伝子に作用して増殖を抑えることである為、ウイルスを完全に取り除くことはできません。また、抗ウイルス薬は神経節に潜んでいるウイルスには効果がない為、神経節に潜んでいるウイルスによって再発することがあります。

抵抗力が落ちるとヘルペスの症状が表れやすくなる為、治療と並行して安静にすることも重要です。

単純性疱疹の予防

紫外線は単純性疱疹を誘発する原因となる為、日焼け止めや帽子、日傘等で紫外線対策を心掛けることが予防に繋がります。

発症した場合、出現した水膨れにはウイルスが入っています。水膨れを破るとウイルスが拡散して他の場所に移る原因となる為注意が必要です。

水膨れに触れた手でコンタクトレンズや目に触れると、失明する危険性のある角膜ヘルペスの発症に繋がることがあります。幹部に触れた後は手洗いを徹底しましょう。

また、身体の抵抗力が落ちている時は再発する可能性があります。疲労やストレスを溜めないよう休息を取ることも予防に繋がります。

この記事の監修

古江駅前すみれ皮ふ科 院長東儀 那津子

はじめまして。
私は広島市西区高須で生まれ育ち、ちどり幼稚園、古田小学校に通い、馴染み深い街で2022年3月に開院を予定しています。多くの経験を積むために、神奈川県で大学病院を中心に勤務し、アトピー性皮膚炎、じんましんなどのアレルギー疾患、小児皮膚疾患、悪性黒色腫などの皮膚癌の治療、手術、美容皮膚医療に携わってきました。
今まで培った経験を活かし、みなさまの皮膚の悩み・症状が改善され、すこしでも幸せを感じてもらえるお手伝いをさせていただきたいと思っています。この街の小さなお子様からご年配の方までが気軽に相談にきていただけるように努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【経歴・資格・所属学会】

【学歴・職歴】
平成18年
 北里大学医学部 卒業
平成18年
 北里大学病院 初期研修医
平成20年
 北里大学病院 皮膚科入局
平成23年
 北里大学病院 助教
令和2年
 北里大学病院 診療講師

北里大学病院のほか、大和市立病院、昭和大学病院藤が丘病院形成外科、
座間総合病院、武蔵村山病院、神奈川県内の皮膚科・美容皮膚科で勤務

【所属学会】
日本皮膚科学会
皮膚悪性腫瘍学会
日本美容皮膚科学会
日本アレルギー学会

【資格】
医学博士
日本皮膚科学会専門医・指導医
厚生労働省臨床研修指導医
ボトックスビスタ®︎認定医

掲載情報について

本サービスは情報提供サービスであり、本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする方は、必ず医療機関や医師にご相談の上、専門的な診断を受けるようにしてください。
本サービスで提供する情報の正確性について適正であることに努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
※掲載情報には自由診療の内容が含まれている場合がございます。費用等については、直接医療機関にお問い合わせください。

トップ