こどもの頭部外傷


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,013件掲載中! (2019年11月14日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > こどもの頭部外傷

2019/03/29

ちょっと目を離した隙にソファから落ちたり、友達とぶつかったり、公園の遊具から転落したりと、子供の頭部外傷は非常に多いのが現状です。

大人が8頭身であるのに対して、乳児は4頭身、3歳児でも5頭身程度と全身に占める東部の割合が大きいため、特に乳児・小児はバランスを崩して転倒することが多いのです。

気をつけておきたいこと

では、頭部を打撲した時に、どのような症状に気をつけたらよいのでしょか。意識・呼吸状態をチェックすることは当然ですが、まずは外相の有無(傷から出血していないか)を確認してください。小さな傷でも数分押さえて出血が止まらなければ、縫合処置が必要になることもあります。また、タンコブができていれば、直ちに冷やして様子を観察してください。

受傷して1時間以内に嘔吐をくり返したり、呼びかけても反応が鈍くぐったりしていたり、ピクピクとひきつけを起こしたりするようなことがあれば、頭の中で出血(急性硬膜外出血。脳挫傷など)している可能性があります。このような場合は至急医療機関を受診するか、救急要請し頭部検査(CT、MRI)を受けてください。

安静にすることと様子観察を

一度嘔吐しただけでそのあとはケロリとしていたり、打撲部の疼痛や嘔気を訴えるだけで意識がしっかりしている場合は様子観察で問題ないのですが、頭蓋骨に骨折があると稀に数時間たってから出血を起こすことがあるため、少なくとも受傷後24時間は激しい運動は控え、安静にしておくように心がけてください。

 コラムニスト紹介

ながお脳神経外科クリニック 院長  長尾 光史 


超高齢化社会を迎えつつある日本において、これからの医療は予防医学がますます重要となってくる中で、脳卒中は3大死因のひとつでもあり、また寝たきりになる原因疾患の第1位です。その再発予防はさることながら、いかに発症を予防していくかが最重要であると考えています。
そこで、高血圧症、高脂血症、糖尿病などのいわゆる生活習慣病を背景とした動脈硬化の予防管理も含め、既存のクリニックにはないMRI機器を導入することにより、早期発見・早期治療に努め脳卒中の予防を中心に地域の皆様の健康維持に微力ながら貢献してまいりたいと思っております。不安を持っておられる方が気楽に受診できる環境を整え、迅速に検査を行い当日結果説明ができる体制をとっておりますので、どうぞお気軽に受診、ご相談ください。

【経歴・資格・所属学会】
略 歴
平成7年5月 大阪医科大学附属病院 脳神経外科教室 入局

[主な勤務病院]
畷生会脳神経外科病院
翠清会梶川病院
弘田脳神経外科病院
大阪府三島救命救急センター
児玉病院
大阪医科大学附属病院 麻酔科
みどりヶ丘病院
新生病院 部長
荒木脳神経外科病院 副院長
平成22年12月 ながお脳神経外科クリニック 開院

免許・資格
平成7年5月 医師免許取得 平成13年7月 医学博士号取得 平成13年8月 日本脳神経外科学会専門医取得

column/button_type2_c column/button_type2_b
column/btn_column_page
トップ