広島市安佐北区の外科・内科・消化器内科・肛門科・疼痛緩和内科 やまぐちホームケアクリニック


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,965件掲載中! (2018年04月26日現在)




総合TOP > Pick Up! ドクター > 山口 剛院長

山口 剛 院長 やまぐちホームケアクリニック(広島市安佐北区)

住み慣れた地域で人生の最期まで安心して生活するためのお手伝いをするクリニック

まずは医師になろうと思われた経緯をお聞かせください。

私の父も外科医ですが、小さな頃から父の背中をみて育ちました。開業医ではなかったので家業を継ぐ必要もなかったのですが、何となく医師にならなけらばという漠然としたイメージで医学部へ入学しました。学生時代にポリクリ(病院実習)で実際の医療現場を経験し、特に手術に興味をもちました。その後外科医となるわけですが、外科医になった理由は手術をするためだけではありません。私が医師になった当時、病院は今ほど機能別に分かれておらず、外科医は手術した患者さんを亡くなる最期まで病院で見る事が当たり前でした。また外科医は総合医としてのスキルが必要でもありました。ですから①患者さんを亡くなる最期まで診る事ができる ②総合医として色々な分野のスキルを身につける事ができるという2点から外科医になりました。

開業にこの街を選んだ理由は何でしょうか?

私は在宅診療という分野で開業しましたが、診療する患者層は高齢者が中心になります。現在開業している地域はかつて高陽町と呼ばれ高陽ニュータウンという広島の大きなベッドタウンであり、現在高齢化が問題となっています。場所柄広島市中心部との交通アクセスも良く、広島市民病院や安佐市民病院等の中核となる病院があります。またクリニックの近くに以前からお世話になっていた先生の病院があり、色々と患者さんの事で助けていただいています。

先生が診療の際に心がけていることは何ですか?

在宅診療を行っているからというわけではないのですが、私が医師になった時から目指している事が一つあります。それは病気だけではなく人を診る医療です。病気を診る事は医師であれば当たり前の事であり、知識や技術の習得で成し得ますが、人それぞれで同じ病気になったとしても症状や経過は様々です。色々な要因が考えられ、知識や技術だけでは解決できない事が多々あります。それが臨床というものであり、個々の生活や環境、性格などあらゆる事を考慮して診療を行う事が人を診る医療と考えています。まさに在宅診療ではこの視点が最も重要であると考えています。

最後に読者の皆様へメッセージをお願いします。

私は末期癌の在宅看取り、神経難病等の重症患者から変形性膝関節症や認知症、障害者まで幅広く在宅診療を行っています。私が考える理想の在宅診療は安心感が得られる事です。医師、訪問看護師、訪問薬剤師、ケアマネージャー、介護福祉士、訪問リハビリ等、多職種との連携で皆さまが安心できる在宅診療を目指しています。また地域包括支援センターとも積極的に交流し、住み慣れた地域で安心して生活できるような街づくりを目指しています。それが国が法律として推し進める地域包括ケアシステムの構築になりえると考えられますので、その一端を担えればと思います。在宅診療に関して知りたい事や疑問に思う事等ありましたら、まずはお電話でお気軽にご相談ください。




トップ