広島市安芸区の眼科 こいけ眼科


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,975件掲載中! (2018年11月05日現在)


総合TOP > Pick Up! ドクター > 小池 生夫院長

小池 生夫 院長 こいけ眼科(広島市安芸区)

安芸区役所隣りというアクセス良好の場所で、最新の眼科医療をご提供します。

まずは医師になろうと思われた経緯をお聞かせください。

眼科医を志した理由ですが、学生実習の際、白内障手術により、患者様の視力とともに人生まで一変するのに衝撃を受けました。さらに眼底の病気(緑内障、眼底出血、網膜剥離、黄斑変性など)は、高齢者を中心に、多くの患者がおられ、進行し失明の恐怖と闘っておられる患者様の診療にあたっていくうちに、眼底の病気の診療を自らのライフワークとすることを決心いたしました。人間は視力が下がると、人生の楽しみがなくなっていき、自立することも困難になっていきます。患者様の視力を守ることで、豊かな人生を守ることになると確信しています。

開業にこの街を選んだ理由は何でしょうか?

私の出身高校は広島大学附属、大学は広島大学医学部とずっと広島で育ってきました。その後九州大学眼科に入局し、福岡県内の主要病院でキャリアを積んでまいりましたが、最終的には広島に戻り、自分の学んだ眼科医療で、地元に御恩返しをしたいとずっと考えておりました。開業地は、小中学生の頃、釣りなど遊びに行くことが多く、馴染みがありました。

先生が診療の際に心がけていることは何ですか?

まず患者様に不安や疑問を残さず帰っていただくことを第一に心がけております。そのために、十分な説明はもちろん、画像をなるべく多く見ていただくようにし、同時にプリントアウトし持ち帰っていただいております。次に患者様をお待たせしないことです。そのため医師2名体制とし、最新の電子カルテを導入しています。また手術でもお待たせしないよう、白内障手術は基本1ヵ月以内の予約としております。各種レーザー、外眼部手術(ものもらい、翼状片など)、硝子体注射などの注射療法は即日にもなるべく応じるようにしております。

最後に読者の皆様へメッセージをお願いします。

当院の診療の柱は二つあります。第一に、自身の専門である緑内障の診療です。緑内障は失明原因の第一位で、本当に多くの患者様がおられます。緑内障の特徴は、徐々に視野がせまくなり、完全に治らないということです。したがって、患者様は生涯病気と向き合うことになってしまいます。当院では、緑内障の患者様には、不安や悩みを取り除くために、特に診察時間を長くとるように努めています。緑内障に関しては、必要以上に深刻にとらえられている方が多いため、正確な予防や治療方針を時間をかけ懇切丁寧に説明しております。国内外の学会に参加し得られた知見から、患者様に有益と確認できれば新薬も積極的に採用しております。第二に日帰り白内障手術です。現在白内障主手術は多くの施設で行われていますが、当院の手術の最大の特徴は、手術時間がとにかく短いことです。目の手術では、手術中に器具が見えてしまうため、緊張しやすいのが難点です。当院では手術機械・術式にこだわり、他施設に比較し、短時間で手術を終えており、患者様の苦痛や負担を最小限に出来ていると自負しています。手術直後にはほとんどの患者様に『もう手術が終わったのですか?』と驚かれております。白内障が気になる方や、白内障と診断された方は、お気軽にご相談にいらっしゃってください。




トップ