体の悩み


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,957件掲載中! (2018年01月05日現在)




総合TOP > 体の悩み > 咳・呼吸困難

咳・呼吸困難

「咳」は発熱とならんで、子どもの病気の代表的な症状です。しかし、急に冷たい空気を吸い込んだり、ちりやほこりの多いところにいると咳が出る場合は、生理的なものなので、心配ありません。しかし、長引く場合は病気の可能性がありますので、咳の続く期間・特徴を把握して医療機関を受診しましょう。
子供に起こる「呼吸困難」は、気管支喘息や異物誤吸入などの原因が多いとされています。呼吸困難を放置すると窒息する危険があるので、素早い対処が必要です。

「咳・呼吸困難」から考えられる病気の一例

気になる症状 疑われる病気名
鼻水、鼻づまり、発熱 かぜ症候群副鼻腔炎
犬が吠えるような咳 クループ症候群
かぜ様症状を伴う乾いた咳から湿った咳、喘鳴 急性気管支炎
発熱、多呼吸 肺炎
特徴的な咳、長引く咳 百日咳

呼吸困難

気になる症状 疑われる病気名
喘鳴、呼吸困難 気管支喘息喘鳴性気管支炎異物誤吸入
かぜ様症状を伴う喘鳴、多呼吸、呼吸困難(特に2歳以下) 細気管支炎
特定の食べ物を食べたあとや虫さされ後などに起こる呼吸困難 アナフィラキシー蕁麻疹
btn_backmap
※掲載情報は一般的な情報の提供を目的としています。詳しくは「ご利用にあたって」をご覧ください。
トップ