体の悩み


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,964件掲載中! (2018年04月20日現在)




総合TOP > 体の悩み > 背中の曲がり

背中の曲がり

背骨が曲がって姿勢が異常になる病気として代表的なのは、「脊柱の弯曲異常」です。いわゆる「姿勢が悪い」のとは違って、姿勢を正しても異常な弯曲が治りません。
また、年齢を重ねると加齢性の変化がおこり、特に椎間板(軟骨)が弱くなってつぶれたりずれたりすることで背骨(脊柱)の変形が進みます。そのほか、骨粗しょう症性の圧迫骨折によって曲がってくるケースも多く見られます。

「背中の曲がり」から考えられる病気の一例

気になる症状 疑われる病気名
背骨が左右に曲がっている、腰や背中の痛み、左右の肩の高さ・背中・腰の高さが違う 脊柱側弯症
腰が疲れる、だるい、重い、鈍い痛みを感じる、腰を後ろに反らせた時や、長時間立ち続けたり、激しいスポーツや重労働をした時に痛みが強まる 腰椎分離症すべり症
腰や背中に長くしつこく続く痛みがある、ちょっとした衝撃で骨折する、以前より背中や腰が曲がってきた、閉経後の50歳以上の女性に多く妊娠中や授乳期の女性にも見られる 骨粗鬆症
腰や背中の中心に鈍い痛み・コリ、患部を押したり叩いた時に痛む、体がだるい、疲れやすい、食欲がない、体重が減る 脊椎カリエス(結核性脊椎炎)
背中が丸まっている(猫背がひどい) 脊椎後弯症
慢性の疼痛、可動域の制限、肩~腕の痛み、腕や手指の痺れ 変形性脊椎症
長い距離を続けて歩くことが困難、お尻や太ももの部分の痛み 腰椎変性すべり症
腰痛、殿部痛(坐骨神経痛)、仙腸関節痛、胸部痛(肋間神経痛)、股・膝・足関節などの痛み、腫れ、痺れ 強直性脊椎炎
btn_backmap
※掲載情報は一般的な情報の提供を目的としています。詳しくは「ご利用にあたって」をご覧ください。
トップ