体の悩み


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,968件掲載中! (2018年07月17日現在)




総合TOP > 体の悩み > 顔にしみができる

顔にしみができる

しみは、皮膚が紫外線を浴びると保護するためにメラニン色素が作り出され、その一部が皮膚に沈着して残ることにより発生します。色味や形は人によって様々です。
しみが残る原因は、ストレスや体調不良、ホルモンバランスの乱れなどによる肌組織の新陳代謝の低下が影響しているといわれています。

「顔にしみができる」から考えられる病気の一例

気になる症状 疑われる病気名
ほくろやしみのような黒い小さな突起 表在型基底細胞がん
黒褐色の斑状皮疹、痛み、かゆみ 悪性黒色腫(悪性黒子)
薬の服用後に円形の赤い発疹、かゆみ、色素沈着 固定薬疹
少し盛り上がった褐紅色斑 ボーエン病
甲状腺の腫れ、動悸、多汗、体重増加・減少、全身倦怠感 更年期障害
茶褐色の色素斑 老人性色素斑
左右対称に淡褐色斑、30~40代の女性 肝斑
鼻・鼻の周辺に米粒以下の淡い褐色斑 雀卵斑(そばかす)
顔の頬骨部分に5ミリ以下の褐色斑、左右対称 後天性太田母斑様色素斑(後天性真皮メラノサイトーシス)
btn_backmap
※掲載情報は一般的な情報の提供を目的としています。詳しくは「ご利用にあたって」をご覧ください。
トップ