体の悩み


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,968件掲載中! (2018年07月17日現在)




総合TOP > 体の悩み > 体重が急に減った

体重が急に減った

体重が減る原因は、体内の代謝増大や食事量の減少、心因、病気などです。ダイエットやスポーツなどの意図的な体重減少に関係なく短期間に体重が減った場合は、何らかの病気の存在が疑われます。
体重の増減については、個人によって違いがありますので、自分の平均的な体重を知っておくことが大切です。

「体重が急に減った」から考えられる病気の一例

食欲低下による食事摂取量の減少

気になる症状 疑われる病気名
食欲低下による食事摂取量の減少 食道がん胃がん膵がん大腸がんB型慢性肝炎C型慢性肝炎肝硬変肝がん胆嚢・胆管がん腎がん肺がんアジソン病
食欲低下による食事摂取量の減少、精神的要因 神経性食欲不振症・摂食障害うつ病

食物の消化吸収障害によるもの

気になる症状 疑われる病気名
食物の消化吸収障害によるもの 胃・十二指腸潰瘍慢性膵炎潰瘍性大腸炎クローン病吸収不良症候群

代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの

気になる症状 疑われる病気名
代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの 甲状腺機能亢進症褐色細胞腫肺結核

栄養素の利用障害によるもの

気になる症状 疑われる病気名
栄養素の利用障害によるもの 糖尿病

その他

気になる症状 疑われる病気名
その他 アルコール依存症など
btn_backmap
※掲載情報は一般的な情報の提供を目的としています。詳しくは「ご利用にあたって」をご覧ください。
トップ