骨粗鬆症とインプラント


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,988件掲載中! (2019年02月19日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 骨粗鬆症とインプラント

2019/01/31

インプラント治療を希望される患者様によく聞かれる質問に

「骨粗鬆症と診断されたが、自分のような弱い骨にインプラントは出来ますか?」というものがあります。
結論から言うと、「インプラントに影響は無い」と、なります。
しかし、リスクは骨粗鬆症に対する治療薬にあります。

  • ビスホスフォネート製剤(BP製剤)
    飲み薬:フォサマック、ボナロン、ボノテオ、リカルボン、ベネット、アクトネル、アレンドロンなど
    注射薬:ゾメタ
  • ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤
    注射薬:プラリア

骨粗鬆症に対する薬にはいくつか種類がありますが、上記の薬を飲んでいると口腔内に外科処置を行うと、顎骨壊死が起こる可能性があります。これはインプラントに限らず、抜歯等でも起こります。

「では、これらの薬を処方されておるとインプラント治療は受けれないのか?」

大きく分けて飲み薬か?注射か?によります。
注射を受けられてる方は残念ながら禁忌です。
飲み薬の場合、条件次第では可能です。
その条件とは投与期間が4年以内である事です。
以前は3ヶ月休薬してインプラントに臨めば大丈夫だと言われてましたが最新の見解だと休薬すると投薬再開時に一気に骨粗鬆症が進行してしまうとの報告がある為、むしろ休薬が禁忌と言われており、現在は投薬を継続した状態で注意深く行います。

注意点

  • 感染は顎骨壊死を惹起させますので徹底した感染管理を行います
    ⑴術前の歯石除去等、口腔衛生管理を行う
    ⑵抗生剤の予防投与
    ⑶喫煙、糖尿病、免疫抑制剤服用など感染リスクが高い方には改善後行う
  • 骨造成を伴う大きな侵襲のオペは避ける
    インプラントは周囲に最低でも2ミリの骨の中に埋入しなければならず、その為に骨を造成する事を頻繁に併用しますが、侵襲が大きくなります。インプラントは細く短いタイプを選択し、これを回避します
  • 術野をしっかり閉鎖させ、かつ、骨の凹凸を無くすよう平滑な面に仕上げる

以上、インプラントと骨粗鬆症自体に成功、失敗の因果関係は認められませんが、骨粗鬆症治療薬がインプラントを含めた外科が骨壊死を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要ないしは禁忌となります。

  • カテゴリー:歯科 
  • #インプラント#骨粗鬆症

 コラムニスト紹介

かみなか歯科 理事長  上中 茂晴 


大阪で10年間勤務し最先端の技術を学び、郊外でも最新の治療を提供すべく地域密着型の治療を提供しています。
● 拡大鏡、歯科用顕微鏡を用いて7倍から20倍に拡大した視野のなか行う精密治療
● CTも用いた3次元診断
● 歯科麻酔医による全身管理の元、安全に行う外科処置
の3つの特徴を軸に安心、安全な治療を提供しております。
また、歯周病で失われた骨を再生させる再生療法にも力を入れており、歯の温存に努めております。

【経歴・資格・所属学会】
広島大学付属高等学校、広島大学歯学部卒業
医療法人小室会小室歯科難波診療所 入職。 医長、矯正長、副院長を歴任。
2015年10月にかみなか歯科開院。

■所属学会
国際口腔インプラント学会
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
臨床歯周病学会
日本顎咬合学会

■講習会
JIADS ぺリオアドバンスコース(歯周病・インプラント・再生療法)
5-D Japan アドバンスコース (歯周病・歯内療法・歯牙移植・審美・インプラント・再生療法)
GPOレギュラーコース(矯正)

column/button_type2_c column/button_type2_b column/button_type2_a

 関連記事

トップ