美味しく食べて、しっかり補う。夏の紫外線対策!


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,004件掲載中! (2019年06月17日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 美味しく食べて、しっかり補う。夏の紫外線対策!

2019/06/11

肌と髪に良い食べ物をたっぷり摂取、
夏の陽射しに負けないケアを!

夏の紫外線対策は万全ですか?
紫外線は、長時間浴びることで人体にダメージを与えるといわれています。
特に体の表面にある肌と髪は紫外線に当たる面積も大きいため、
ダメージの影響がみられやすくなっています。

  • ○ シワやたるみなどの肌老化やそばかすの原因になる
  • ○ 肌に痛みやかゆみ、水ぶくれなどが現れやすくなる
  • ○ 切れ毛や枝毛の原因になりツヤや柔軟性がなくなる
  • ○ フケやかゆみなどの頭皮トラブルが起きやすくなる

肌やツヤ髪を保つために必要な栄養素とは?

外側からのダメージ対策はもちろん大切ですが、体の内側からのケアも大事なんです。

肌や髪の材料となる「たんぱく質」

肌や髪のほとんどは、アミノ酸が結合した
たんぱく質からできています。
しっかりと食事に取り入れましょう。
◉肉類、魚類、卵、大豆、牛乳・乳製品 など

新陳代謝をUPさせる「ビタミンB6」

アミノ酸を原料に、肌や髪などの成分である たんぱく質づくりをサポート。
◉まぐろ、鮭、牛・鶏、レバー、バナナ など


栄養の運搬をスムーズにする「ビタミンE」

毛細血管を広げ、栄養の運搬をスムーズにします。
◉アーモンド、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃ など

コラーゲンをつくる「ビタミンC」

肌に必要な「コラーゲン」を合成するとともに、
ビタミンEの吸収をUP。
◉パプリカ、ブロッコリー、じゃがいも、キウイ など

新陳代謝をUPさせる「亜鉛」

肌に必要な「コラーゲン」や、髪に大切な「キューティクル」の生成を促します。
◉牡蠣、豚レバー、玄米ごはん、納豆 など



暑い夏こそ、しっかり食べて体を元気に!
上記の食品をまんべんなく使って「美味しく食べて」、
夏の紫外線対策を!
ちなみに私は野菜とチーズたっぷりの
「チキンスープカレー」を作りましたよ。
ただ、食べすぎには注意ですね。


 コラムニスト紹介

  ファミリードクター編集部 


ファミリードクターとは、広島県に特化した病院情報やクチコミ情報など配信する病院クチコミ検索サイトです。
まずは、あなたの住む近隣で、病院を探してみてください。

【経歴・資格・所属学会】

 関連記事

column/btn_column_page
トップ