全身疾患と歯科治療との関係


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 4,006件掲載中! (2019年07月23日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 全身疾患と歯科治療との関係

2019/03/29

糖尿病、高血圧、狭心症、心筋梗塞、気管支喘息等の既往がある方は歯科治療時に気を付けなければならないこと。

糖尿病の方

糖尿病の既往がある方は健康な人に比べて傷口が治りにくい、感染しやすいなどの特徴があります。そのため抜歯など観血的処置(出血を伴う治療)をする場合は注意が必要です。
一つの目安として以下のような基準があります。
HbA1cが6.5以下であること。 HbA1cとは糖化ヘモグロビンがどのくらいの割合で存在しているかをパーセントで表したものです。 国際基準では6.5±0.4以下となります。

高血圧症の方

高血圧症の方は特に局所麻酔薬を使用する場合、さらに血圧が上昇する可能性があり身体に危険を伴います!
WHOの基準で収縮期血圧140 拡張期血圧90以下に普段からコントロールしておく必要があるのです。

狭心症、心筋梗塞の方

高血圧症の患者さん同様、局所麻酔薬の使用により発作を誘発する危険性があります。 基本的に過去半年(6か月)以内に発作の既往がないことが条件になってきます。 また狭心症の既往がありお医者さんからニトログリセリンを処方されている場合は歯科治療時、直ぐに舌下投与できる場所に置いておくと安心です。

気管支喘息の方

歯科治療時、喘息の発作を誘発する原因で最も多いのは治療によるストレスかも知れません!
治療が喩鬱、怖い、痛いのではと考えるだけでもそれがストレスとなり発作を誘発する可能性があります。お医者さんから吸入薬を処方されている場合はすぐに吸入できる場所に置いて治療を受けると安心です。

患者様へ

歯科の治療は全身の疾患とはあまり関係がないのではと考えがちですが、危険を伴うことが多々あります。
Johnny Dental clinicでは安心、安全な歯科治療を提供するためにこれらの既往のある患者様には血圧測定、血液検査、笑気吸入鎮静法等の治療法のご用意がございます。是非ご気軽にご相談ください。

 コラムニスト紹介

ジョニーデンタルクリニック 院長  藤岡 光 


病気は早期発見、早期治療と言われるように歯も初期の虫歯であれば痛みなく治療することが出来ます。
Johnny Dental Clinicでは私どもの口腔外科での経験を生かし、全身管理をしながら治療に臨みます。また、歯科医院に対する怖い、痛いと言うイメージを変えていただくため、安心・安全に、患者様にとってできるだけ「痛みの少ない歯医者」として優しい治療を行うクリニックを目指します。

【経歴・資格・所属学会】
※経歴
奥羽大学 歯学部卒業
昭和大学歯科病院 顎口腔疾患制御外科学講座4年間在籍

※所属学会
日本口腔外科学会

column/button_type2_c column/button_type2_b column/button_type2_a

 関連記事

column/btn_column_page
トップ