「無痛治療」を ご存知ですか?


広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター
病院・クリニック 3,996件掲載中! (2019年04月19日現在)


総合TOP > 医療・健康コラム > 「無痛治療」を ご存知ですか?

2018/12/27

歯医者が怖いあなた!
痛みの少ない(無痛治療)があるのを知っていますか?

歯医者と言えば、痛い!怖い!一番行きたくない場所というイメージではないでしょうか? 近年いろいろな考え方がある中でいくつかの質問についてお話します。

まず治療時、麻酔の注射について

麻酔の注射が刺さる瞬間、できるだけ痛みなく出来ないの?

最近では麻酔の注射をおこなう前に表面麻酔を使用している歯科医院が多いのではないでしょうか? また事前に温めた麻酔薬を使用したり、通常の倍くらいの時間をかけてゆっくり麻酔薬を注入するといった工夫もされています。 治療部位や患者さんの年齢(特に小児)など麻酔針の細いタイプの物を使用したりすることもあります。

麻酔後に歯を削っている時や抜歯をする時なども痛みを感じるのはなぜ?

基本的に炎症症状が強い場合は麻酔が効きにくい傾向が強いです。特に下の奥歯は上の歯に比べてとても麻酔が効きにくい場所です。 親知ずや歯周病の急性症状がある場合はまず炎症症状が消失し麻酔が効きやすい状態にしてから治療を開始することが多いのも特徴の一つです。

とにかく歯の治療をすることが怖い!何か良い方法はないでしょうか?

笑気吸入鎮静法という治療があります。酸素と笑気ガスをマスクから吸入しながらの治療法です。
お酒を飲んだ状態に近い感じてとてもリラックスして治療を受けることが出来ます。
また麻酔からの回復も早く、お車などの運転にも影響はないと言われています。

次に静脈内鎮静法という麻酔薬を点滴することで体内に入れ、眠ったような状態で治療する方法です。
笑気吸入鎮静法と比較すると少し全身麻酔に近い状態かもしれません。
こちらはお車などを運転して帰宅することはできません。

最後に全身麻酔です。完全に眠った状態で治療に臨むことが出来ます。
欧米では親知らずの抜歯を一度で4本抜く場合が多々あるようですが、その様なときは
入院、全身麻酔下で治療するようです。こちらは大学病院など大きな病院で行うことがほとんどです。

ジョニーデンタルクリニックでは、「笑気吸入鎮静法」という痛みの少ない(無痛治療)を取り扱っており、健康保険の適用もございますので、治療に恐怖心がある方は、いつでもお気軽にご相談ください

  • カテゴリー:歯科 
  • #無痛治療#笑気吸入鎮静法#麻酔

 コラムニスト紹介

ジョニーデンタルクリニック 院長  藤岡 光 


病気は早期発見、早期治療と言われるように歯も初期の虫歯であれば痛みなく治療することが出来ます。
Johnny Dental Clinicでは私どもの口腔外科での経験を生かし、全身管理をしながら治療に臨みます。また、歯科医院に対する怖い、痛いと言うイメージを変えていただくため、安心・安全に、患者様にとってできるだけ「痛みの少ない歯医者」として優しい治療を行うクリニックを目指します。

【経歴・資格・所属学会】
※経歴
奥羽大学 歯学部卒業
昭和大学歯科病院 顎口腔疾患制御外科学講座4年間在籍

※所属学会
日本口腔外科学会

column/button_type2_c column/button_type2_b column/button_type2_a

 関連記事

トップ